楽天モバイルのレビュー・体験・レポート

楽天モバイルの新プランアンリミットへの申し込み方法について徹底解説!手順をわかりやすく解説。

いよいよ第四のキャリアとして歩みだした楽天モバイル。

今までの格安SIM、MVNOの楽天モバイルとは別にMNOとして3大キャリアと同じように自前で通信設備を整備しサービスを展開するようになりました。

その楽天モバイルが満を持して打ち出したプランは

楽天アンリミット。

大きな特徴は

  • 自社回線エリアでの通信はデータ容量なしの完全無制限。
  • 通話アプリ『楽天リンク』を利用すると、国内通話が無料。

この2点です。

これだけでもなかなか目を引く内容ですよね。

さらに新規契約者に対して300万名を対象に、1年間料金無料キャンペーンを実施しています。

プランの内容に魅力を感じ興味はあるものの、いきなり乗り換えるのはチョット不安・・・。

という人もこれならお試しとして契約してみることが出来ます。

興味のあるかたに今回は申し込みの方法をまとめてみました。

画像を用いて徹底解説していきますので、是非お得なキャンペーンが終了する前に楽天モバイルへ申し込んでくださいね!

楽天モバイルの申し込みは3種類!

申込といってもいくつか種別がありますね。

  • 完全に新規での申し込み。
  • MNPを用いて他社からの乗り換え。
  • MVNOの楽天モバイルからの新プランへのプラン変更。

私はもともと楽天モバイルユーザーでしたので、新プランへ乗り換えしました。

3年契約の縛りがあるスーパーホーダイに加入していましたが、新プランへの移行は契約満了しなくても違約金なしで可能。さらに月額料金も一年無料!ということでしたので飛びついてしまいました(笑)

そちらの申し込み方法・流れについてはこちらの記事でまとめました。スーパーホーダイからのプラン変更を検討しているかたは参考にしてください。

楽天モバイルの新プラン『UN-LIMIT』にプラン変更を申し込んだ件。申込方法・手順をレポート。

今回は新規契約の方・MNPで他社から乗り換えの方の手続きの方法、手順を解説していきます。

新規契約の場合

新規契約の場合は電話番号を新しくとる形になります。

一方のMNPとはモバイル・ナンバー・ポータビリティの略です。

今使っている電話番号の契約を、番号そのままにSIMカードを入れ替えることで変えることができます。

MNPしてしまえば料金を最も安くすることができるのでおススメですが、現在の楽天モバイルについてはあまりおススメしていません。

正直、第四のキャリアとして歩みだしたばかりの楽天モバイルは通信の安定性、サービスの充実などまだまだ足りていないところが多くみられます。

一年間無料キャンペーンはまだ継続しているので、お試しとして契約するチャンスです。

 

契約してみて使い勝手や、サービス内容が思っていたのと違う・・というのはよくあることです。

特に仕事でスマートフォンを頻繁に使う人・少しの期間でも使えない期間ができてしまうと困る人は新規契約で別途回線をもっていれば、いざ使えない部分があったとしても被害はありません。

サービスが安定していない今は様子見として新規契約することをおススメします。

今回の楽天アンリミットは大盤振る舞いで、新規契約の場合にもポイント還元などお得なキャンペーンが用意されていますので、うまく利用して一年間のお試しをしましょう。

新規契約の申し込み手順

まずは新規契約に必要な書類をそろえておきましょう。

手続きがスムーズに進みます。

新規契約に必要な書類

本人確認書類として有効な書類は以下のとおりです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳

ここから先は、補助書類が必要となる本人確認書類です。

  • 健康保険証
  • 日本国パスポート
  • 住民基本台帳カード

この3つの書類の場合、補助書類がないと有効になりませんので注意してください。

補助書類とは・・

公共料金の請求書・領収書(電気・水道・ガスのどれか)、住民票、届出避難場所証明書のいずれかを指します。

 

支払い方法に関して

支払い方法に関しては、カード払いと口座振替と二つ選択できます。

これについては間違いなく『楽天カードでのカード払い』をおススメします。

口座振替は手数料100円が毎月かかってしまいますし、手続きにもすこし日数がかかってしまいます。

さらに楽天モバイルの最大のメリットは楽天ポイントが貯まる点です。

カード払いを選択することでさらに1%のポイントが上乗せされます。

その他普段のお買い物で使う際にも、ポイントが増えますので楽天モバイルを使うなら是非作っておきたいカードです。

楽天カードを作る

楽天IDがないひとは事前に作成

楽天公式サイトから申し込みしますが、その際楽天IDが必要になります。

申込後の配送状況や、設定などはユーザーサイト『my楽天モバイル』にログインして行うようになり、楽天IDは必須なので必ず作成しましょう。

申込の流れ

では実際に行う申し込みの流れは以下のようになります。

申込は楽天市場でのお買い物のように、楽天アンリミットというプランを買う形で進められます。プラン選択すると買い物かごに選択した内容が反映されていきます。

①楽天公式サイトへ進む

楽天モバイル

⓶ホーム画面上部にある『申し込み』をタップ。 

③ホーム画面から『プラン選択』へ。

以下のホーム画面が表示されますので、まずはプラン選択を見てみましょう。

…とはいえ今回の楽天アンリミットは、料金プランがひとつしかありませんのでそこは迷う必要はなく進めます。

プランは一択ですが、選択できるオプションサービスが表示されています。

通話に関するオプションは無料でついてきます。

  • 楽天モバイルWi-Fibyエコネクト
  • 安心コントロールbyi-フィルター
  • 安心安全パック

からはご自身で必要なものを選択してください。

④機種を選択する

ここで新規に機種を購入しないのであれば、手続きは完了です。

右側の『この内容で申し込む』をタップして進みましょう。

対応端末を同時に購入希望の人は

『製品選択へ進む』をタップしましょう。

楽天モバイルの対応機種のみ販売している形になります。

それほど数は多くはないですが、海外メーカーと日本製メーカーとバランスよく配置されている形です。

なお、端末の保障オプションとして『スマホ交換保障プラス』があります。

こちらは端末の購入時にしか加入することができませんので、よく検討して不安がある方は加入しましょう。

ただ、国内最大のユーザー数を誇るiPhoneの取り扱いはまだありません。

ここは大きなデメリットで、今後無料キャンペーンの期間内で対応できるかどうかも注目の焦点のひとつです。

⑤本人確認書類のアップロード

プラン選択・商品選択・オプション選択と項目を選択したら、『この内容で申し込む』をタップしてください。

ここからは楽天IDでのログインが必要になります。

用意しておいたID・パスワードでログインして進めてください。

 

ログインすると、最初に用意しておいた本人確認書類のアップロード画面に進みます。

表面・裏面必要なので、事前に読み取りアップロードしましょう。

できたら『次へ進む』をタップしましょう。

楽天モバイルの本人確認書類って何?自分でもお得に簡単申し込みできるやり方を解説!

⑥電話番号の選択

新規の申し込みの場合は電話番号を新たに取得しますので、電話番号を選択しましょう。

候補の番号が3つしめされていますので、好きなものを選びましょう。

⑦お届け先の入力

つづいてSIMカード・端末のお届け先を入力します。

楽天IDでログインしていますので、自宅の住所が自動入力されていますが変更することもできます。

確認したら『次へ進む』をタップ。

⑧申し込み内容の確認

ここまで申し込みで入力した内容の確認画面がでます。

再度確認しましょう。

さらにここでともだち紹介特典のIDを入力する欄がありますので、IDをお持ちの方は入力しましょう。

楽天ポイントが2,000ポイントもらえます。

楽天アンリミットの紹介キャンペーンとは?内容と申し込みに使えるIDを公開!もらえるポイントはもれなく貰おう!

↑こちらも参考に!

⑨支払い方法の選択

つづいて支払い方法の選択です。

支払いにはクレジットカード・口座振替が選択できますが、前述したとおり口座振替には手数料もかかりますし、最大のメリットである楽天ポイントが貯まらなくなってしまいますので、ここは相当な事情のない限りクレジットカードを選択することをおススメします。

⑩重要事項説明・利用規約に同意して申し込み完了!

重要事項・利用規約を確認してチェックをいれて申し込み完了です。

お疲れ様でした!

申込は完了です。

楽天モバイルから申し込み完了のメールが届きます。

問題なければ2~3日ほどで商品が届きます。

 

その後の流れ

  1. 製品・SIMカードの配送
  2. 受け取り・利用開始

楽天モバイルの開通作業。SIMが届いてからの作業を徹底解説。作業はカンタン(^^♪難しくないよ!

↑開通作業に関しての記事になります。こちらを参考にしてください。

 

 

MNPの場合の申し込みは

MNPの場合も基本的な申し込みはほとんど変わりません。

ただ、電話番号をもと居たキャリアから移動させますのでその手続きが必要です。

そのためにもと居たキャリアからMNP予約番号を取得する必要があります。

まず、本人確認書類・楽天IDと共にこのMNP予約番号を用意しましょう。

ドコモユーザーのMNP予約番号取得方法

auユーザーのMNP予約番号取得方法

ソフトバンクユーザーのMNP予約番号取得方法

違いは電話番号の選択のところ

新規申し込みと違う部分は手順⑥の電話番号の選択の部分です。

ここで、『現在の番号を引き継ぐ』を選択して取得しておいたMNP予約番号を入力します。

この時点でMNP予約番号の有効期限が、10日以上残っている必要がありますので注意しましょう。

申込から製品が来た時点で『MNP開通手続き』をします。

楽天モバイルの開通が完了した時点で、もと居たキャリアの回線が使えなくなります。

契約に伴うお得なキャンペーン

と、今回は楽天アンリミットの申し込み手順について解説してきました。

ちょっと長々になりましたが、ホームページから進むと次の項目へ進めてくれますので、手続きで迷ってしまうことはほとんどありません。比較的簡単な部類でしょう。

楽天モバイルは店舗での対応もしてくれるキャリアではありますが、新プランに関してはキャンペーンが充実しています。

Webからの申し込みが手間もかかりませんし、特典もあますところなくもらえますので、申し込むなら絶対Webからの申し込みをおススメします。

現在実施中のキャンペーン

  • 300万名1年間無料キャンペーン(2,980×12=35,760円お得)
  • 事務手数料全額還元キャンペーン(事務手数料3,300円相当分のポイント還元)
  • オンライン申し込みキャンペーン(3,000ポイントプレゼント)
  • お友達紹介キャンペーン(紹介したら3,000ポイント、された方も2,000ポイント)
  • 対象製品購入サポートキャンペーン(対象製品購入で最大15,000ポイント)
  • 楽天mini本体が1円キャンペーン

まとめ

楽天アンリミットの申し込みについてでした。

本文中にもありましたが、まだまだキャリアとして歩みだしたばかりでサポート体制が不十分だったり、回線の安定感も他のキャリアとは比べられないくらい低いです。

だからこそ、この1年間はキャンペーンを利用して新規で契約してお試しをしてみましょう。

1年後、使えるようならもっている回線をMNPして乗りかえれば良いすし、だめなら解約してしまえばよいことです。

1年無料キャンペーンがある時点で契約すること自体にデメリットはないと考えますので、ぜひ積極的に利用してみてください。