楽天モバイル

楽天モバイルのオプションサービスは契約すべき?内容といる・いらないを取り捨てしてみる。

楽天モバイルアンリミットもう加入されました?

1年間無料キャンペーンと、通話無料·データ無制限プランで注目を集めています!

当サイトではノーリスクでお試し出来る、新規申し込みでの契約をオススメしています。

特に契約すること自体にデメリットもなく、キャンペーンのポイントももらえるので契約がまだの方は是非!

さて、今回は楽天モバイルアンリミットのオプション加入について見ていきたいと思います。

様々なオプションが提供されていて、中には最初の契約の時に加入しないと後から入れないものもありますので注意が必要です。

ひとつひとつの内容を見ながら、チチ猫的に『いる·いらない』を取り捨てしてみましたので是非参考にしてください!

スマホ交換保証プラス:月額650円

冒頭でも書いた、製品購入時にしか加入出来ないオプションがこれです。

詳細についてはこちらの記事も参考に

月額650円。

端末の故障時、盗難·紛失にも対応し修理ではなく同等の機種と交換するというオプションです。

対応も12時までの受付なら当日対応。

東京23区内なら、受付から4時間でのスピード配送も実施しています。(別途オプション料金3000円)

楽天モバイルの端末補償『スマホ交換保障プラス』は必要?結構悩む人多いので、補償内容をおさらいしてみる。

↑さらに詳しく・・・

スマホ交換保証プラスは必要?

あくまで個人的見解ですが、このオプションは必要ありません。

毎回加入もしていません。

といっても、仕事でもスマホは使うので今まで落としたり、破損させたりしたことはあります。

それ以来、必ず手帳型カバーに入れ細心の注意で扱っています。

故障については1年間のメーカー保証がありますし、機種によっては金額的にそれ以降のトラブルなら機種変更してしまったほうが得な場合もあります。

ただ、10万円を超えるようなハイスペックな機種を購入した場合は、このオプションを利用する費用対効果が大きいので、仕事などで使えない期間があると困るような方は、安心を買う意味で加入しておくのはアリかも知れません。

まあ、大抵のハイスペック機種は防水·防塵にも対応して普段使いには安心して使える機能を備えていますので、後は使う人の注意次第なところもありますが。

そういった意味で、私が今回楽天モバイルで購入した

Oppo Reno A128GB

は価格の割に防水·防塵にも対応している機種で安心して利用出来ます。

楽天モバイルでOPPOのRenoA128GBを購入したい方へ!詳細レビュー!コスパ最高おススメ出来る!

安心して使える機種を購入し、細心の注意で利用していけばこのオプションは必要ないといえるでしょう。

月額650円のオプション料金って、結構割高ですしね。出来れば節約したい費用のひとつです。

マカフィー® モバイル セキュリティAndroid版:月額200円

パソコンと同じようにスマホのウィルス対策も大きな課題。

このオプションに加入してマカフィーモバイルセキュリティをダウンロードすることで、安心してスマホを利用することができます。

このアプリはAndroid対応のアプリなので、iPhoneの方は利用することは出来ません。

マカフィーモバイルセキュリティで出来る事

以下のような機能があります。

  • ストレージのクリーンアップ
  • ウィルス対策
  • 危険と判断されたサイトをブロック
  • データ使用料の監視
  • ワンタップでバッテリー稼働時間を延長
  • 製品のリモートロック
  • データのバックアップ
  • Wi-Fiのセキュリティ
  • 製品の位置追跡
  • データのリモート消去
  • 遠隔撮影

基本的な機能のほかに、紛失時にも端末の遠隔操作・ロック・位置情報の確認など安心して利用できます。

マカフィーモバイルセキュリティの利用方法

利用方法はいたって簡単。

my楽天モバイル→契約プラン→その他→マカフィーモバイルセキュリティと進むと以下のような画面が表示されます。

赤枠の部分にライセンスの登録コードが表示されています。

アプリをダウンロードしてこのコードを入力し、アクティベーションすることで利用開始となります。

マカフィーモバイルセキュリティは必要?

こちらも個人的見解ですが、必要ないと思います。

もちろんスマホのセキュリティは行うことは推奨していますが、有料のセキュリティを導入する必要はありません。

無料でも利用できるセキュリティソフトは数多くあります。

セキュリティアプリの紹介記事

あんしんコントロール by i-フィルター:月額300円

こちらはお子さんのスマホ利用時に活用できるアプリ。

有害なサイトにアクセスできないように設定したり、利用時間を制限したり親の意思でコントロールすることができます。

子供がスマホを通して犯罪に巻き込まれるケースも増えていますので、安心して使わせるには必須のオプションです。

18歳未満が利用の場合は契約必須

このオプションはいる・いらないの前に、18歳未満のお子さんが楽天モバイルを利用する際には加入しなければいけないオプションです。

18歳以上の場合でも契約することはできます。

お子さんが安心して利用できるよう、かならず加入しましょう。

楽天モバイルWiFi by エコネクト:月額362円

駅や飲食店・ホテルなど全国に150,000以上あるスポットで無料Wi-Fiを利用できるオプションです。

Wi-Fiスポットを地図上に表示して簡単検索することができます。

最大300Mbpsで高速利用することが可能で、出先で動画を見たり仕事につかったり通信容量を気にせず利用することができます。

また、エコネクト接続ツールで暗号化して接続しますのでセキュリティ的にも安心して利用することができます。

そもそも楽天モバイルはデータ無制限では?

楽天アンリミットではデータ無制限をウリにしています。

しかし、それは自社回線エリア内でのこと。

しかも、その自社回線エリアはまだまだ整備中で東京をはじめとした都市部が中心。

なので、自宅や職場が楽天エリアなら正直このオプションはいりません。

しかし、楽天エリアの中にいても地下のエリア・また建物の中にいて繋がらなくなる可能性はあります。

そういったときには、パートナー回線につながることになります。

こちらは日本全国をほぼカバーしていますし、建物など障害物に強い電波なので繋がりやすいです。

さらに楽天エリア外で通信容量が気になる場合でも、通信制限モードで利用すれば最大1Mbpsで使い放題です。

あまりに重い通信を利用するのは困難ですが、ある程度の通信をまかなうには十分な速度です。

楽天モバイルWiFi by エコネクトは必要か?

私はこのオプションを利用したことはありません。

結構、制限モードで事足りる通信をしているのであまり無料Wi-Fiに関心はありません。

UQモバイル・ワイモバイルのようにオプション料金なしでWi-Fiスポットを利用できるキャリアもありますので、その点は弱いのかなと思います。

月額料金を払ってまで利用する価値はあまりないかと・・。

その他の有料オプション

そのほかにもオプションサービスはまだありますが、有料のオプションのものを紹介しておきます。

ここからはチョット特殊なオプション内容なので、必要なひとには必ず必要なものになっています。

国際通話サービス

海外に通話というと、高額な通話料がかかってしまいますが、このオプションを利用すれば、月額980円で海外通話がかけ放題になります。

海外指定66の国と地域への発信がかけ放題になります。

選べる電話番号サービス

新規電話番番号で申し込む場合に、お好みで電話番号を選べます。

ただし、選べるのは下4桁のみです。

希望の下4桁が含まれた電話番号が表示され、その中からお好きな番号を選択することができます。

ただ、オプション料金として1,000円かかりますので、ちょっとお高いです。

スマホ操作遠隔サポート

月額500円で専用オペレータが電話で話しながら、端末を遠隔操作してサポートしてくれます。

以前、NTTの遠隔サポートを利用したことがありますが、端末を一緒に操作してくれるので、とても分かりやすくサポートしてくれる印象です。

このサポートも遠隔で端末を操作してくれるので、安心です。

さらに、スマホの問題だけでなくインターネット関連の問題なら、パソコンや家で使う他のデバイスでの問題、ゲーム機器設定などいろいろな問題にも対応してくれます。

ネット関連の知識に不安がある方には、オプション料金は決して安いものではありませんが、心強いオプションといえます。

まとめ

有料オプション

  • スマホ交換保障プラス…不要(端末価格の高い人は要検討)
  • マカフィー® モバイル セキュリティ…不要(無料のアプリ対策で十分)
  • あんしんコントロールby i-フィルター…18歳未満のお子さんが契約の場合は必須
  • 楽天モバイルWiFi by エコネクト…不要

その他の有料オプションは内容が特殊なので、必要なかたはその都度加入。

ほとんど不要になっちゃいましたね…。

月額でいうと2~500円程度といえど、チリも積もれば…。

出来るだけ払いたくないのは本音。

無料のもので代用したり、制限モードを活用したり工夫しながら最安の月額料金を目指したいですよね。

スマホ交換保障プラスだけは、端末購入時にしか加入できませんのでよく検討してください。

ハイスペックの高額端末を購入したかたのみ、要検討のオプションといえるでしょう。