ワイモバイルのキャンペーン

【実際申し込んでみた】ヤングモバイは怪しい?どこよりも詳細な体験レポート!

ようこそ『MNPのコンシェルジュ』へ。

突然ですが、あなたは

ヤングモバイルをご存知ですか?

ワイモバイルを知らない人はいないでしょう。

ソフトバンクのサブブランドとして、CMも多く流されていて知名度は抜群です。

ソフトバンクより低価格で、通信品質は大手キャリアと同じ。といういいとこどりの
通信キャリアです。

ワイモバイルのオンライン代理店が『ヤングモバイル』です。

今ではすっかり数が少なくなってしまった、現金キャッシュバックをいまでも高額で
行っている代理店です。

  • 現金キャッシュバックがどうしても欲しい!
  • オンラインでの乗り換え・申し込みも簡単に済ませたい!

というひとに絶対おすすめの代理店です!

しかしオンラインでの乗り換え…と聞いて、

  • 『窓口でギモンを聞いてもらえないのは不安…。』
  • 『なにか知らない間にオプションに加入させられたり騙されるんではないか…。』
  • 『第一印象がとにかく怪しい。』

こんな疑問も多く聞かれます。

当然私もこの疑問に行きつきました。

調べていくと、評判はそんなに悪くなさそう…。

気になっていましたので、『百聞は一見にしかず』

今回実際にヤングモバイルに申しこみをしましたので、詳細レポートしていきます。

けっこう高額キャッシュバックでおススメしているサイトは多いのですが、実際の申し込み手順をしっかり解説してくれているサイトはあまりないように感じます。

結論からいうと

ヤングモバイルは怪しさとは無縁の優良な代理店でした!

実際わたしが申し込んだときの対応をご覧いただいて、オンラインならではの申し込みに感じる不安が、少しでもなくなれば幸いです。

さらに今回おススメしたいのは、ワイモバイルでもiPh●neの最新機種を取り扱い
開始したことです。

iPh●ne12を購入して、早速申し込みをしました。

もちろん端末購入の場合も特典があります。

そちらの詳細も記事後半でお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

私は2016年から大手キャリアドコモをやめて、乗り換えを繰り返しているMNPマニアです。

経験した乗り換えに関しての、知識・方法を正確に分かりやすく解説していきます。

この記事でわかること
  • ヤングモバイルを実際に申し込んだ体験レポート。どのように申し込むのかがわかる!
  • ヤングモバイルってどんな会社なのか?
  • キャンペーン内容の詳細。
  • ワイモバイルのおススメポイントは?

ヤングモバイルを実際に申し込んだ体験レポート。どのように申し込むのかがわかる!

今回私は実際にヤングモバイルから申し込みをしてみました。

電話での申し込み、問い合わせをするということでしたので、直接話をするのはちょっと緊張するなぁ…という不安もあったのですが、終わってみれば電話でのやり取りはしませんでした。

メールでのやり取りで、しっかりサポートしてくれました。

申し込みの一部始終を紹介しますね。

まずは公式サイトから問い合わせしてみる。

申し込みの第一歩は、なんといっても公式サイトからの問い合わせです。

ヤングモバイル

サイトをみると、いたるところにデカデカと目立つボタンが…

こちらのボタンからまずは問い合わせをしてください。

まずは問い合わせですので、そんなに緊張せずに気軽に質問をぶつけてみてください。

問い合わせフォームには

  1. お名前
  2. フリガナ
  3. 電話番号
  4. メールアドレス
  5. 希望する機種
  6. 現在お使いの電話会社
  7. お問い合わせ種別
  8. ご質問・ご要望

こちらを記入して最後に

『個人情報の取り扱いについて』の注意事項を読み、同意するにチェックを入れて送信してください。

わたしの問い合わせ内容

ビッグローブモバイルからの乗り換えでiP●one12希望。

キャッシュバック金額、値引き増額はありませんか?

個人情報を入力し、この内容で送りました。

すると、早速ヤングモバイルから返信がありました。

○○様

ヤングモバイルに問い合わせいただき、誠にありがとうございました。

以下の内容にて承りました。

お客様宛に弊社担当者よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ちください。

※現在、非常に多くのお問い合わせをいただいており折り返しのご連絡に少々お時間を頂く場合がございます。

ご容赦いただきます様よろしくお願いいたします。

お急ぎの方、担当からのご連絡が遅い場合には以下のフリーダイヤル(受付時間12:00~13:00/14:00~19:00(月・木定休日))にお電話ください。

ヤングモバイル問い合わせ受付:0120‐212‐826

こちらがどうすれば良いのかもしっかり書いていてくれて、非常に安心しました。

とりあえず仕事もあったので、先方からのメールを待つことに。

すると、翌日返信がありました。

お世話になります。

ヤングモバイルの○○です。

この度はお問合せをいただき、ありがとうございます。

定休日の関係でご連絡が遅くなってしまい、大変申し訳ございません。

ご質問の件から回答させていただきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[Q]

ビッグローブモバイルからの乗り換えでiP●one12希望。キャッシュバック金額、値引き増額はありませんか?

[A]

ビッグローブの回線がドコモ・au回線であれば、最大還元額でお値引き(増額中)可能でございます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[Q]

iP●one購入で他社から乗り換えをします。

どのように申し込みをする流れでしょうか。

(こちらは、私が最初のメールの後追加で送っていた質問です。)

[A]

大まかなお申込みの流れは以下のとおりとなります。

https://young-mobile.net/guides/flow/?fc=8CrVaH7xELDQ

お申込みは必要事項をご返信いただく形式で受付しておりますので、2通目にお申込み用メールも送信させていただきます。

あわせてご確認いただけますと幸いです。

 

本文のとおり、もう一通申し込み用のメールが届いていました。

さらに記事後半でも紹介しますので、ここでは省略しますが実施中のキャンペーンの詳細が書かれていました。

担当者もついてくれて、安心な内容でした。

『契約しろ!しろ!』

って強引な展開になったらイヤだな…と不安でしたが、強引な売り込みもあるわけではなく安心しました。

申し込みもそのままメールで送信しました。

2通目のメールは申し込みのフォーマットになっていて、必要事項が表示されていました。

その部分に個人情報を入力して、メールを返信するだけでした。

内容は

  • 契約者情報(氏名・生年月日)
  • 住所
  • 固定電話番号(なければ職場の市外局番からは始まる番号で可。)
  • 現在の契約名義
  • 希望の機種/カラー
  • MNP予約番号
  • 支払い選択(24回分割or36回分割)
  • 利用プラン(最大還元にはシンプルL。申し込み後すぐ変更可)
  • 通話オプションの有無
  • モバイル保険加入有無
  • 暗証番号
  • 勤務先情報

これをフォーマットになっている項目部分に入力して、メールを返信できます。

しっかりキャンペーン内容も理解できたので、そのままメール返信しました。

本人確認書類のアップロードもWeb・メール上からできる。

申し込みフォーマットと共に、本人確認書類送付用のURLも送られてきていました。

ここでは、パスワードとして最初の問い合わせ時に知らせておいた電話番号を利用します。

ログインしてその場で申し込み書類の撮影をして送付できます。

この辺りはちょっと苦手…というひともいらっしゃるかもしれません。

以下の記事も参考にしながら手続きしてみてください。

参考記事[メールに画像やファイルを付けて送信する方法]

この辺は余裕~♪

と調子乗っていたら、なかなかここが上手くいかず…(汗。)

何回か挑戦したんですが、『アップロードできません。』

と表示されてしまってうまくいきません。

…格闘すること30分。

メールの後半をよく読むと、

■パソコンのブラウザをご利用の方

internet Explorer 8以前のブラウザではアップロード機能をご利用いただけません。他のブラウザからご利用いただくか、下記のメールアドレスからの送付をお願いします。

■スマートフォンのブラウザをご利用の方

Andoroidの標準ブラウザでは、アップロード機能をご利用いただけません。

Andoroid版Google Chromをご利用いただきますか、下記のメールアドレスからの送付をお願いします。

となっていました。

メールは最後まで読まないと…ですね。

わたしはAndoroidユーザーなので、最後にリンク先が表示されていたメールアドレスに画像を添付して送信しました。

これで問題なく受付できました。

申し込みする際はご注意ください。

ちなみに本人確認書類として利用できる資料。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類
  • 身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者手帳
  • 健康保険証+補助書類

その後メール、もしくは電話でのやり取りをする。

基本的に申し込みの内容は送信することができました。

その後も端末のカラー変更や、ちょっとした疑問についてなどをメールで送信するとすぐに返信してくれて、丁寧な対応に安心しました。

今回私はすべてのやり取りをメールで行いましたが、やり取りの間にやはり少しづつ時間がかかりますので、急いでいる方は電話での対応希望を伝えて電話を待つ。もしくは電話をしてみることをおススメします。

まだ、契約自体は迷っていて直接電話ではなして

『断り切れなかったら嫌だな…』

という人にはメールでのやり取りはおススメです。

自分のペースでやり取りできますからね。

やり取りには担当者がついてしっかり対応してくれる。

私が2通目にもらったメールからもわかるとおり、その時点から専属の担当者がついてくれて、最初から最後まで担当してくれました。

やり取りの経過や、申し込み状況を把握してくれているので、安心して契約をすすめることができました。

申し込み書類が自宅に届く

申し込みメールを送ってから2日後、自宅に申し込み書類が郵送で届きます。

重要書類なので、受け取りが必要です。

最初の配達時、私は不在だったので再配達をお願いしました。

ポストにそのまま投函しておいてくれる代物ではありません。

再配達してもらって、手元に届いたのがレターパックの荷物でした。

返送用の封筒も入っている。署名捺印をして返送するだけ。

中には返信用の封筒が入っています。

着払いで送れるようになっていますので、書類を記入して入れたらそのままポストにいれるだけです。

必要書類は契約に関するものや、分割支払いの申し込みに関するものです。

ファイルにひとまとめにしてあります。

もうひとつファイルが入っていましたが、こちらは契約者用の控えなので、記入する必要はありません。

書類自体は事前にヤングモバイルにメールで詳細な内容を送信してありますので、ヤングモバイルの方で内容をパソコンで打ち込んでくれています。

後は書類に認めとして、署名・捺印するだけです。

本当に何か所か署名・捺印するだけです。

その場所も付箋をつけていてくれるので、すぐ見ればわかります。

この実際の契約作業が、どんなふうになるのかは気になっていたところでした。

しかし感想としては、実際の契約作業はメールで必要事項を記入した時点で終わっていたんだなぁという感じ。

認めの署名・捺印だけで済むのは楽チンでした。

その日のうちにポストに投函しました。

書類がヤングモバイルに届いたら、自動音声の専用ダイヤルに電話して契約内容の確認。

ヤングモバイル側に書類が届いたようで、次のようなメールが届きました。

この度はワイモバイル携帯のお申込みいただきありがとうございます。

登録・審査が終わりましたので、下記番号にお電話をかけていただき、契約内容の確認をお願いします。

システム上で、ご対応の確認ができ次第の発送となります。

電話番号は『0800‐222‐3330』と書かれていました。

  1. 自動音声に繋がったら、『1⃣⇒2⃣』を入力。
  2. 連絡先番号に自身の連絡先番号を入力。
  3. 送られてきている照会番号を入力。
  4. 契約者の生年月日を入力。
  5. 契約内容の確認後、問題なければ『1⃣』を入力。

以上の手順で契約内容の確認が出来ました。

本来なら来店してカウンターで対面にて行う確認ですが、インターネット代理店ということでこのような手法で行うようです。

確認でき次第、いよいよ商品の発送になります!

ヤングモバイルってどんな会社なのか?

ヤングモバイルについて調べてみると運営している会社は

『日本企業開発支援』という会社です。

けっこうちゃんとした会社なんです。

急にお堅い会社名が出てきましたが、運営しているのはこの会社なんです。

こちらの会社はほかにも

おとくケータイ.netという代理店を展開しています。

こちらはソフトバンクの正規代理店です。

ヤングモバイルは比較的新しい代理店なので、正直口コミや評価をさがしてもあまりヒットしません。

しかし、おとくケータイ.netだったら聞いたことある!という人も多いかもしれません。

2010年設立の同社は歴史は浅いものの、累計で20万件以上の申し込みの実績がある会社です。

今回、実際申し込みをしてみても怪しい点や、チョット納得のいかない対応なんて一切ありませんでした。

本当、思っていたより丁寧な対応で安心感・満足感は予想以上です!

キャンペーン内容の詳細。

これなら安心してヤングモバイルに申し込み出来るなぁ…

と感じていただけたでしょうか?

といっても大事なのはヤングモバイルから申し込んで、どんなお得があるのか…ってこと。

ヤングモバイルで実施中のキャンペーン内容をみていきましょう。

現金キャッシュバック額は業界最高峰の20,000円!

なんといっても今やすっかり少なくなってしまった

『現金キャッシュバック』が高額なのが、ヤングモバイルの魅力です。

乗り換え(MNP)・新規申し込みで20,000円の現金キャッシュバックがもらえます。

総務省の指導により、乗り換えに伴う特典としてのキャッシュバックは、上限が20,000円と決められています。

なかなか、上限いっぱいのキャッシュバックというのは見られないので、どうしても現金でキャッシュバックが欲しい!という人にはおススメのキャリアなのです。

ヤングモバイルのキャッシュバック振り込みはいつ?

キャッシュバックの受け取り時期は契約完了の時期によって異なります。

契約日キャッシュバック時期
1~15日に契約完了した場合。当月末日
16~31日に契約完了した場合。翌月15日

通常、数か月利用後だったり遅ければ半年ほどかかったりするキャッシュバックの支払いですが、

ヤングモバイルの支払いは他と比較しても最速です!

キャッシュバック金額は早く貰いたい!というのが普通の考えだとおもいますので、これはうれしいですね!

現在割引額を増額中!

嬉しいのは、今なら更なるキャンペーンの実施中ということ。

『生活応援キャンペーン』として、20,000円のキャッシュバック金額にさらに3,000円が上乗せされます。

ヤングモバイルでは端末セット購入にも特典がある!

ヤングモバイルでは乗り換えに際して、スマホ購入を考えている人にキャンペーンも提供しています。

それが、

『ヤンモバ割』

現金キャッシュバックがなくなりますが、その分の割引を機種代から値引きしてくれます。

現金キャッシュバック・機種代金割引きは選択することができます。

注目すべきは今回の対象機種が

  • OPPO Reno3A
  • スマホSE(第二世代・64GB)
  • スマホ12(64GB)

の3機種であること。

誰もが待ち望んだiPh●neも対象機種になっています。

2021年3月期のヤンモバ割は3月31日で終了しました。

ご注意ください。

4月~のキャンペーンはこちら。ヤンモバ割継続中!

 

スマホ12とか、なぜスマホ名を伏せるのか?

今回のヤンモバ割に限らず、iPh●neに関しては、

『スマホ○○』という表示の仕方をして、スマホ名を伏せるようにしています。

これだと、なんか怪しく感じてしまいますね…。

『本当にちゃんとしたiPh●neが買えるんだろうか…?』

私もそんな不安を感じました。

これもヤングモバイルの担当者に聞いてみました。

わたしの問い合わせ内容

ひとつ疑問ですが、なぜ御社はiph●neだけはっきり表示しないで、スマホ12とか伏せた表示をするんですか?
ちょっとした疑問です。
当然、なにか仕様に違いがあるわけでははいですよね?

これに対してヤングモバイルからの回答。

お世話になっております。
ヤングモバイルです。

ご連絡ありがとうございます。

また、書類のご対応をいただき、ありがとうございます。
到着次第、順次進めさせていただきます。

いただいたご質問についてですが、キャリアを除く、
販売店ではサイト上に「iPh●ne」と表記することを禁止されています。
お届けする端末は純正の新品iPh●neですのでご安心ください

よろしくお願いします。

販売代理店ならではの規制があったんですね。

逆を言えば、その規制をしっかり守っているということですから、

『怪しい』とは程遠い内容だということがわかりました。

ワイモバイルのおススメポイントは?

最後にヤングモバイルで契約するキャリア

『ワイモバイル』のおススメポイントを見ていきましょう!

もちろん、いくらヤングモバイルで行っているキャンペーン内容が魅力的でもずーっと使い続ける通信キャリアがワイモバイルです。

ワイモバイルにデメリットばかりあって、満足度が低ければせっかく乗り換えても不満が残る結果になるでしょう。

大手キャリアと同じ通信品質

まず最初にいえる間違いないメリットは、通信速度・安定度が大手キャリアと同じ品質であるということです。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドです。

サブブランド…?

と?がついてしまいそうですが、ソフトバンクのユーザーの中でも通信容量が比較的低い層、低価格帯を希望するユーザーの受け皿として設立されたキャリアです。

ファッションブランド『ユニクロ』をご存知でしょうか?

知らない人はあまりいないと思いますが、ファーストリテイリングという親会社のもとで運営されているブランドです。

同じファーストリテイリング社の、より低価格帯を充実させたブランドが

『GU(ジーユー)』です。

親会社は一緒で、2社はあくまでファーストリテイリング社のブランドです。

全く同じ関係性がソフトバンクとワイモバイルです。

両方とも親会社はソフトバンクで、同じ系列の通信キャリアです。

家族割を適用すると、さらに安い!

さらに大きなメリット・特徴は家族割を適用すると価格が安い!ことです。

シンプルSシンプルMシンプルL
月額料金1,980円2,980円3,780円
おうち割or家族割-1,080円
割引後料金900円1,900円2,700円
通信容量3GB15GB25GB
容量超過時の通信速度最大300Kbps最大1Mbps
5G対応
通話料20円/30秒

現在ワイモバイルが提供しているプランは

『シンプルプラン』です。

大きな特徴は家族割が1,080円と、1,000円を超える大きな金額である点です。

家族割が適用される2回線目以降は、900円と1,000円を切る月額料金になりました。

ライバルのUQモバイルには家族割がなくなってしまいましたが、単身者は1回線目から安いので、

  • 単身者乗り換え…UQモバイル
  • 家族まとめて乗り換え…ワイモバイル

今のおススメはこうなっています。

シンプルプランのさらなる詳細はこちらの記事でも取り扱っています。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

ワイモバイルがもはや価格破壊の新料金プラン改訂を発表!気になる詳細を紹介。

最新スマホを取り扱い開始!

今回私はヤングモバイルを通して、ついに大手キャリア以外でも販売が開始されたiPh●ne12をゲットしました。

特にiPh●neは最新機種の取り扱いが、大手キャリア以外ではありませんでしたので、これは嬉しい変化。

より安い月額料金で、最新機種が使えるのは大きなメリットです。

3月のキャンペーンではiPh●ne12 64GBが対象種になっていましたが、4月のキャンペーンではありません。

4月からの対象機種は

  • スマホSE2(第二世代)
  • スマホ12mini(64GB)
  • Android One S8

詳細はこちら

まとめ

今回はヤングモバイルの申し込みを実際に行ったときの詳細レポートでした。

公式のサイトからだけだとわからない、実際の申し込み手順がお分かりいただけたと思います。

今回全体として私が感じたのは、オンラインからの申し込みではありますが、ユーザーが迷わないように専属の担当者をつけて

『分かりやすいサポート』

また、なにか質問があればすぐ答えてくれる

『迅速な対応。』

の二つでした。

なんといっても現金キッシュバックを希望の人には、絶対おすすめの代理店になっていますので、関心のある方はぜひご活用ください!