楽天モバイルのレビュー・体験・レポート

楽天モバイルのエリアでも繋がらない?イライラMAXでわかった楽天モバイルの現状!

こんにちは!チチ猫です。

いよいよサービスが開始された

楽天アンリミット。

早速私も申し込んで色々試している今日この頃です。

様々なサイトをみていると、楽天エリアについてつながるのか?

どのような設定が必要なのか?気になっている人が多いようです。

私の自宅は都内ではありません。

埼玉県某所。楽天エリアとパートナーエリアが混じっているようなエリアです。

ちょうどエリアの境目での通信はどうなるのか?

そこに住んでいる私がレポートしてみたいと思います。

楽天モバイルエリアの現在の状況

楽天モバイルのアンリミットのエリアについての現在の状況はどうなっているでしょう。

現在、楽天エリアは都内・東名阪の都市部にのみ拡充されています。

関東地方の楽天エリアマップ。

濃いピンク色で表示されているのが、楽天エリアです。

非常に狭いのがわかります。

薄いピンクの部分はパートナーエリアです。

auの回線を利用して繋がるエリアです。

このエリアでほぼ郊外のユーザーはカバーされています。

私の住んでいるのは〇で囲んだあたりです。

(ざっくりですみません。)

この辺りなら車で移動できる範囲なので、濃いピンクと薄いピンクのあたりを色々移動して回線をつかむことができるかどうか、しらべています。

 

境目あたりの通信はどうなる?

回線を契約してから半月ほど境目のあたりの通信がどんなものなのか、早速みてみましょう。

繋がっているのは楽天回線かパートナーエリアかを調べるには

まず、自分の今いる位置で繋がるのが楽天回線なのか、パートナーエリアなのかを判別する必要があります。

調べるためには、my楽天モバイルを起動しましょう。

my楽天モバイルは通信容量の確認・サービスの契約/解約・通信エリアの確認など、色々なことが出来るユーザ専用サイトです。

楽天ユーザーならこのアプリは必須なので、必ずダウンロードしておきましょう。

my楽天モバイル

ログインしてホーム画面が下の画像です。

画面の中央付近、赤枠の部分を見れば繋がっている回線が楽天エリアなのか、パートナーエリアなのか一目瞭然でわかります。

エリアの境目はなかなか楽天回線をつかまない

契約してから数日、意気揚々と楽天エリアに移動して通信速度を測定しよう!

と意気込んでいたものの・・。

いっこうに繋がらない楽天回線。

濃いピンクのエリアにいるはずなのに、全然つながらない。

全く意味がわかりません。

そこで、マップでいう〇円の真っピンクの部分へ移動してきました。

『ここならつながるだろう・・。』

しかし、つながらない・・!

ここまでくるとイライラMAXです。

いくらなんでも、ここまで繋がらないのはおかしい。

 

ちょっと設定を確認してみることにしました。

APN設定を確認してもあっていますが、念のため再度設定しなおして接続しなおしてみました。

ちなみに楽天モバイルのAPN設定値は以下のとおり。

APN名楽天(rakuten.jp)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APNタイプdefault,supl,dun
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミングプロトコルIPv4/IPv6
PDPタイプIPv4/IPv6

 

これを打ち込んで保存すると、しばらくグルグルしたあと・・。

繋がりました!

やっと先ほどの緑色のステータスバーになりました。

(パートナー回線のステータスバーは灰色です。)

ちょっとテンションあがりました💦

 

しばらく回線速度など調査していましたが、その後移動したところ、数百メートルも行かないうちにパートナーエリアに戻ってしまいました。

そこではいくらAPN設定や、信事業者の再選択をしても戻りませんでした。

また先ほどのエリアに戻って、APN設定の有効/無効を繰り返していたら繋がりました。

真っピンクのエリアでも差がある。

ここまでで分かったのは、真っピンクの楽天エリアにいたとしても繋がるかどうかは回線の状態によって違うということでした。

特に境目(楽天エリアとパートナーエリアの境。)ではまず繋がりません。

真っピンクの楽天エリアに入ってきても、繋がるところと繋がらないところの差はハッキリしています。

 

ここまでくると、このマップ情報もちょっと誇張してかかれているのではと疑いたくなってきます。

まぁ、サポート体制にしろエリアにしろ”見切り発車”でスタートした感は否めないので、この一年間に期待といったところなのでしょうか。

楽天エリアに入らないとメリットが得られない

楽天エリアで回線がつながったところというのは、ある程度安定して接続されていましたし、通信速度も大手キャリアに引けをとらない速度がでていました。

この速度で無制限でつながるのであれば、都内など安定して楽天回線がつながる人はうらやましい限りです・・。

楽天モバイルの通信速度

ご覧になっているあなたのご自宅が楽天モバイルの通信エリアだった場合、どのくらいの通信速度がでるのでしょうか?

私の自宅はまだ楽天エリアではありませんので、実際に楽天エリアまで移動して通信速度を測定してみました。

17~18時台はみんなが通信する時間帯で通信が遅くなる混雑時間帯と呼ばれています。

あえてそのくらいの時間に測定してみました。

下りの通信速度は39Mbpsを超えました!

これは通信速度ではアドバンテージのあるUQモバイルや、ワイモバイルといったキャリアでもなかなか出す事のないかなりの高速通信です。

当然通信速度って水物で、その日の通信状態・時間帯・ユーザーの利用する端末…など色々な要素が絡み合って変化するものですので、楽天エリアにいるから必ずこのくらいの速度がでるというものではありません。ひとつの参考として考えてください。

楽天エリアなら通信は使い放題?

このように楽天エリア内であれば通信容量を気にせず、この高速通信をつかいまくることができるのです。

子ネコ
子ネコ
じゃぁ、一日中動画見たり重い通信しまくっても安心だね!
チチ猫
チチ猫
そう思っちゃうけど、ひとつ注意点があるよ!

楽天モバイルの公式HPでは、公平なサービス提供のため通信制限を行うことがある‥と明記されています。

どうやら、一日の通信が10GB以上に達すると最大3Mbpsに制限されるようです。

子ネコ
子ネコ
えー、じゃぁ完全無制限ってウソじゃん!
チチ猫
チチ猫
まぁ、だからこそこうやって※で注意書きしてあるんだけどね…

実際、過剰な通信データの制限についてはどのキャリアでも実施しているものです。

一日あたり10GBまでが過剰な通信に当たるかどうかはそれぞれの感覚や、使い方もあるので一概には言えませんが…

制限がかかってしまっても最大3Mbpsでの通信が可能で、日付が変わればリセットされますのでその点は安心です。

完全無制限に垂れ流し状態で使いまくって良い…ってもんじゃないのだけは覚えておいてください。

それでも一日10GBの通信っていうのはなかなかな通信量です。

今まで通信容量と費用を気にしながら通信していた人にとっては、大きなメリットといえることは間違いないでしょう!

楽天がつながらない時の対処法

楽天回線がつながらない時の対処法をお知らせします。

APN設定を見直す

まず、先ほど紹介したAPN設定を確認しましょう。

基本的には楽天モバイルの動作確認端末であれば、自動的に設定されます。

動作保証端末以外では手動で設定する必要があります。

わたしの端末は確認端末のOPPO RenoA128GBです。

それでもAPN設定を入力しなおしてつながるようになりました。

通信事業者を選択しなおす

APN設定ともうひとつ

『通信事業者』の設定を見直すこともやってみました。

基本的にはこれも自動的に選択する設定にしていますが、手動で

『Rakuten 4G』を選択することでつながることがあります。

アンテナを設置する

楽天モバイルの利用している通信バンド(周波数帯)はband3のみです。

このバンドは高速通信が可能な反面、建物内や障害物のある状況では電波がまわりこまず、不安定になります。

『楽天エリアに住んでいるのに、家の中だと繋がらない。』

このように感じた場合、楽天モバイルでは屋内でつなえるホームルータを配布しています。

それが、この『楽天casa』です。

こちらは自分でLANケーブル・電源などをつないで設置する形ですが、無料で利用することができます。(事務手数料3,000円がかかります。)

ただ、利用には以下の条件がありますので注意してください。

  • 楽天モバイルを契約していること
  • 楽天ブロードバンドを契約していること

二つ目の楽天ブロードバンドとは、家で利用する光回線のことです。

対象は

  • 楽天ひかり ファミリープラン(戸建て)
  • 楽天ひかり マンションタイプ(集合住宅)

になります。

改善希望をだす

my楽天アプリから通信の改善希望を送信することができます。

『my楽天アプリ』→『サービスエリア情報』→『マップを表示』。

画面の下の方までスクロールすると『ご要望』と書かれたフォームに進む画面が出てきます。

利用しているエリアや状況を書き込むことができるので、もし楽天エリアなのに繋がらない・・・。

という状況があればこちらから改善の要望をだすのもひとつです。

どのような対応になるかは分かりませんが、要望が多ければ優先的に改善に着手するかもしれません。

 

一年様子をみるor解約してしまう。

なにせ今回の楽天モバイルについては、1年間無料キャンペーンまで打ち出して契約者を募っているわけですが、裏をかえせば

『ちゃんとしたサービス提供まで1年間猶予をください!』

といっているようなもの。

ハッキリ言ってまだまだ、3大キャリアに大きく及ばない安定感なのは否めません。

最初から過度な期待をもって契約するのは、現時点ではNGといえます。

無料期間で改善がみられないようなら、スパッと切ってしまうのが良いかと思います。

これから契約したいんだ!

という人はあくまでサブ回線としての契約を。

現状ではメインとしての運用はおススメできません。

まとめ:今後の対応に期待

ここ2週間くらい電波を求めてさまよった結果、確実に楽天エリアとして表示されているところでも繋がらない、不安定なエリアがあることは間違いありません。

境目あたりに住んでいるんだけど・・・。

という人は過度な期待は禁物です!

 

とにかく現時点で

『うちでは安定してつながるし、高速通信で快適だよ!』

という人はラッキーです。

まだ契約数自体も多くなく、繋がりさえすれば高速に快適に使うことができるでしょう。

 

この一年間でエリア・通信の安定感が増せば、固定回線の代わりとしても検討できるほどのポテンシャルを秘めているといえます。

是非、設備の拡充に力を入れてもらいたいと思います。

【追記】先日、近所で楽天モバイルのアンテナ工事があると聞いて取材してきました。

楽天モバイルのエリア拡大計画の現状を取材。アンテナの設置は進んでいるが…。今後のエリア拡大計画の展望!

予定より早いペースでアンテナの設置を急いでいるのは間違いないようです…。

上記の記事でも紹介していますが、楽天モバイルのエリア検索に10月末開通予定のエリアと、12月末開通予定のエリアの表示がされるようになりました。

是非チェックしてみてください。

楽天モバイルエリア確認

ここでエリアに入っていれば、使い放題のエリアになる日も近いといえます。

あくまでこの初期に契約する方はお試しとして・・!