ワイモバイルの使い方・設定

ワイモバイルのiPhone12をSIMロック解除する為の全手順。画像付きでどこよりも詳しく解説!

ようこそ『MNPのコンシェルジュ』へ。

今回はワイモバイルで購入したiPhone12を、SIMロック解除した手順についてのレポートです。

こんな疑問についてお答えします。

  • ワイモバイルで購入したiPhone12はどうやってSIMロック解除できる?
  • SIMロック解除できる条件ってあるの?
  • 詳細なSIMロック解除の手順が知りたい!

あなたもこんな風な疑問をお持ちではないでしょうか?

多くの格安SIMでフリー端末の取り扱いが主流なっているのですが、いまだに大手キャリアやサブブランドでは端末にロックをかける

『SIMロック』が残っています。

SIMロックが施されていると、他社のSIMをいれても認識できず通信することが出来ません。

これでは通信会社を乗り換えた際に、端末が使えなくなってしまいます。

当然、この不便さをもって他社への乗り換えを抑制するためにSIMロックは存在しているのですが、2020年に盛んにおこなわれた新プランの発表によって、より乗り換えしやすい環境が整いつつあります。

キャリアには、希望者にSIMロック解除をするように義務付けられています。

今回私はワイモバイルでiPhone12を購入しました。

そして購入後、即SIMロック解除しました。

決して難しいものではありませんが、いくつか条件があります。

そちらも記事後半でまとめていきますね。

 

SIMロックについては、キャリア側で敢えて

『SIMロックがかかっていますよ!』

とは教えてくれないもので、他社のSIMを入れて使おうとして初めて

『あ、SIMロックがかかっているんだ‥』

と気づくかもしれません。

 

予想していない状態で、SIMロックに気付いてしまうと結構焦ってしまうかもしれません。

 

SIMロック解除の手順自体は難しいものではありません。

しっかりと確認して、スムーズに手続きできるように当記事が参考になれば幸いです。

今回私は高額な現金還元で有名な

『ヤングモバイル』を利用してワイモバイルに乗り換えました。

大幅な割引で、最新のiPhone12を手に入れることができました!

記事後半で開催中のヤングモバイルのキャンペーンについてもお知らせします!

最後までご覧いただけると幸いです。

この記事でわかること
  • ワイモバイルのiPhone12、SIMロック解除全手順(画像付き)
  • ワイモバイルのiPhoneSIMロック解除条件
  • 開催中のワイモバイル、iPhoneキャンペーン詳細。

ワイモバイルのiPhone12、SIMロック解除全手順(画像付き)

チチ猫
チチ猫
早速ワイモバイルでのiPhone12、SIMロック解除方法を見ていこう!

実際わたしが行った手順の画像を用いて、分かりやすく解説していきます!

SIMロック解除の手段は2つ

まず大前提ワイモバイルでSIMロック解除をする方法は、二つあります。

  • My Y!モバイルからWeb経由で申し込み
  • ワイモバイルショップに来店して窓口で申し込み

インターネット経由なら料金は無料。

My Y!モバイルからインターネット経由で申し込んだ場合の最大のメリットは、

事務手数料がかからないことです。

けっこうカンタンに出来る手続きなので、事務手数料3,300円かかるのはもったいないです。

My Y!モバイルは今後の手続き・設定変更などでも使うことが多いので、可能であれば

『My Y!モバイル』からの手続きをするよう強くおススメします。

不安な人はワイモバイルショップでのSIMロック解除が可能。

事務手数料がかかってしまいますが、ワイモバイルショップでSIMロック解除をすることもできます。

ワイモバイルのメリットのひとつに、

『店舗数の多さ』があります。

ワイモバイルショップは、全国に約800店舗ほどあります。(2020年調べ)

3大キャリアの店舗はいずれも2000店舗を超えていますので、それには及びませんが3大キャリアに次ぐ店舗数の多さです。

『なにかあったら、すぐ店舗で対応してくれるから安心…』

というメリットでワイモバイルに加入している方も多いと思いますので、

『自分でSIMロックするのは不安…』

という人は遠慮なく店舗での手続きを行ってください。

iPhoneでSIMロックの有無を確認する方法。

そもそも私が今回ワイモバイルのSIMロックを解除したのは、楽天モバイルのSIMカードを入れて使いたいからでした。

入れてみて初めて

『あれ?使えないじゃん…あ、SIMロックされてんのか‥』

と気づきました。

子ネコ
子ネコ
こういう仕事やってるくせに情けない…
チチ猫
チチ猫
すんません…(泣)

楽天モバイルのSIMを入れた場合、このような画面になってしまって使えなくなってしまいました。

これだけでも気づくことができましたが、iPhoneの設定画面から確認することもできます。

『設定』→『一般』→『情報』。

下にスクロールすると、

『SIMロック』の項目があります。

解除前の画面だと、

『SIMロックあり』の表示になっています。

分かりやすいですね。

解除すると、この項目が

『SIMロックなし』に変化します。

My Y!モバイルにまずはログイン

ワイモバイルのユーザーが様々な申し込み・設定に使うMy Y!モバイル。

もしまだ使ったことがなければ、サイトにアクセスしてみましょう。

マイワイモバイル ログイン

最初のログインの際は、契約の電話番号と契約時に決めた暗証番号が必要です。

二つを入れて

『本人確認する』に進むと、初期パスワードがSMSで送られてきます。

そちらを使ってログインしてください。

最初のログインでパスワード設定をしますので、忘れないようにしっかり管理しておきましょう。

My Y!モバイルからの手続き全手順(画像付き)

問題なくログインできたら、いよいよSIMロック解除の作業に入っていきましょう。

ホーム画面上部のメニューから

『契約確認変更』を選んでください。

画面の下の方まで進むと、関連メニューがあります。

その中から

『SIMロック解除の手続き』を選択してください。

SIMロック解除希望の端末のIMEI番号を入力します。

IMEI番号とは

端末を識別する15桁の識別番号のこと。

電話番号入力画面で

『※#06#』を押してください。画面に表示されます。

または

『設定』→『一般』→『情報』で調べることができます。

ここで支払いのクレジットカード設定や、過去100日以上前にSIMロック解除した端末のIMEI番号の入力を求められることがあります。

これは、

  • 支払いのクレジットカード設定
  • 過去100日以上前にSIMロック解除をしたことがある

これらの要件がSIMロック解除の条件になっているからです。

条件についてはこのあとの部分で詳しく紹介します。

IMEI番号の確認画面がでますので、

『解除手続きをする』に進みます。

『受付が完了しました』となれば、申し込みはこれで完了です。

子ネコ
子ネコ
けっこうカンタンに出来ちゃったね!
チチ猫
チチ猫
手続きは以上だよ!あとは端末側で行う操作をみていこう!

本体でSIMロック解除操作をする

申し込みは完了しましたが、これですべての手続きが完了ではありません。

iPhone本体で行う操作があります。

他社のSIMカードを挿入して、アクティーベーションすることです。

乗り換えをした場合など、他社のSIMが手元にあれば問題ありませんが、もし手元に他社のSIMカードがなければ、家族の使っているSIMカードを借りたり、友だちから借りましょう。

一回操作してSIMカードを認識させるだけなので、すぐ終わります。

乗り換えを考えていて、この後SIMカードが手に入る…ということであれば、その時に行っても良い操作です。

一度iPhoneの電源を切って他社のSIMカードを挿入したら、電源を入れましょう。

iOS13以前はアクティーベーションとApple IDの入力が必要でしたが、iOS14以降はこれらの手順がなくなりました。

他社SIMを入れて電源を入れた時点で操作が完了します。

子ネコ
子ネコ
どうしても他社のSIMが手元になくて、すぐにSIMロック解除したい場合はできないの?
チチ猫
チチ猫
その場合はiPhoneを初期化する方法もあるよ。初期化なのでバックアップを必ず取っておいてね!

以上の手順でSIMロックが解除されました。

 

ワイモバイルのiPhone、SIMロック解除条件

本文中にも紹介しましたが、誰でもすぐにSIMロック解除できるわけではありません。

SIMロック解除には一定の条件があります。

条件によって購入後即SIMロック解除ができるか、101日目以降までSIMロック解除できないかが変わります。

つづいてはその条件について見ていきましょう。

一括購入していれば、即SIMロック解除可能。

SIMロックについて一番制限がないパターンは、

iPhone12の端末代金を一括購入した場合です。

分割支払いを選択している場合でも、一括清算して支払いが確認でき次第SIMロック解除の手続きが可能になります。

一括購入以外のSIMロック解除条件。

新規契約して分割払いにした場合は、支払い方法によってSIMロック解除条件がかわってきます。

支払い方法SIMロック解除条件
クレジットカード払い製品購入当日からSIMロック解除可能。
口座振替製品購入から101日目以降、SIMロック解除可能。
子ネコ
子ネコ
分割購入でもクレジットカード払いなら、即SIMロック解除してくれるんだね。
チチ猫
チチ猫
そういうこと!

過去にワイモバイルでSIMロック解除を行ったことがある人は…

子ネコ
子ネコ
じゃぁ、分割購入で支払いが口座振替の人は即SIMロック解除をすることが出来ないんだね…。
チチ猫
チチ猫
そういう人でも、もし過去にワイモバイルでSIMロック解除をしたことがあれば、即SIMロック解除を受け付けてもらえるよ。

ワイモバイルで過去にもSIMロック解除をしたことがある人は、以下の条件でSIMロックを解除することができます。

  • 2017年12月1日以降に、SIMロック解除を行った実績があるひと。
  • 前回のSIMロック解除受付日から101日目以降であること。
  • 前回のSIMロック解除を行った製品が、2015年5月以降に発売された製品であること。

以前にSIMロック解除したことがあって、ある程度の期間(前回のSIMロック解除から101日目以降)なら、すぐSIMロック解除できることになります。

 

SIMロック解除したワイモバイルに他社のSIMを入れてみると…

これでやっとSIMロック解除することができます。

実際に使ってみましょう。

iPhoneは通信会社専用のAPNプロファイルをインストールする必要がある

他社のSIMカードを入れて、電源を入れてみます。

すると、データ通信のところに

『Rakuten』の文字が表示されました。

しかしこれだけでは電波を拾っただけなので、通信を行うことができません。

この場合でも、APNプロファイルをインストールする必要があります。

通信に関する大事なデータが入ったファイルです。

APNプロファイルを、使いたいキャリア毎に切り替えて使う必要があります。

開催中のワイモバイル、iPhoneキャンペーン詳細。

ワイモバイルは大手キャリア以外の乗り換え先でも、最もキャンペーン案件が多いキャリアです。

公式からの申し込みでも特典がいっぱい!

ワイモバイルの乗り換えキャンペーンについては、

  • ワイモバイル公式
  • Yahoo!モバイル(代理店)
  • ヤングモバイル(代理店)

の3つのキャンペーンがあります。

種類の豊富さがウリなわけですが、それぞれにメリットがあります。

特徴に違いもありますので、よくチェックしましょう。

詳細は以下の記事でご確認ください。

私がワイモバイルをおすすめする5つの理由。他にはないおすすめポイントを紹介します!

現金還元、端末の大幅値引きならヤングモバイル一択!

とくにおススメのキャンペーンは代理店ヤングモバイルの

現金キャッシュバック!

かつて様々なキャリアが実施していた現金キャンペーンですが、今ではほとんど実施されなくなりました。

その中でも25,000円にもなる高額キャッシュバック。(生活応援キャンペーン含む)

端末の購入も検討している方であれば、キッシュバック分をそのまま値引きに充てることができます。

高額キャッシュバックならヤングモバイル一択です!

Web代理店というと、顔も見えないし色々なオプションに加入させられたりしないかな…手続きが不安…という人も多いかもしれません。

今年、私自身ヤングモバイルを利用してワイモバイルに乗り換えました!

対応も丁寧で非常に満足しています。

怪しい…、ややこしい…という印象は一切ありませんでした。

気になる方はこちらもご覧ください。

ヤングモバイルを実際に申し込みしました!どこよりも詳細な体験レポート!おススメのポイントを徹底紹介!

まとめ:最新のiPhoneをより便利に使う為に、スムーズにSIMロック解除しましょう。

 

iPhone12はeSIMを利用してですが、デュアルSIM対応のスマートフォンです。

(2枚のSIMカードを入れて、切り替えて使う事ができる端末)

 

様々な特徴を持つSIMカードを、自分の好きな時に場面にあわせて使うことができます。

その為にも他社のSIMカードを使えるようにしておく、SIMロック解除は非常に大事な手続きです。

やってみると、思ったよりカンタンな手順で解除できますので是非トライしてみてください!