楽天モバイルへの疑問・~とは?

楽天モバイル(アンリミット)の解約方法。手順と注意点についてまとめ。

楽天モバイルはいつ解約しても大丈夫。

楽天モバイルの新プラン

『楽天アンリミット』がスタートしました。

早速私も申し込み・開通しました。

楽天アンリミットのウリの一つに

『契約期間なし・解約金なし』という項目があります。

これによってお試し感覚で乗り換えることも可能になりました。

 

新プランスタートから1か月弱。

無制限の恩恵をうけられるエリア内のユーザーから好評な反面、サポート対応の悪さなども目立ちます。

試してみたけどやっぱやめた!という方も一定程度いますので、早速ですが解約方法&注意点についてもまとめてみたいと思います。

楽天モバイル(アンリミット)の解約は『my楽天モバイル』から

開通手続きのためにインストールしたであろう、ユーザー専用サイト

『my楽天モバイル』。

こちらから解約手続きに進むことができます。

下のメニューの中から、『契約プラン』タップ。

その中から『解約』を選択しましょう。

解約に関してアンケート画面になりますので、入力して

『申し込みを完了する』をタップしてください。

いままでだと契約期間や違約金の関係で様々な確認事項があったりして、解約の手続きも結構ややこしかったのですが、楽天アンリミットに関しては契約期間やそれに対する縛りは一切ありません。

これで本当に解約できる?

と心配になるくらい手続きはシンプルです。

解約に関してのQ&A

手続きに関してはシンプルなものでしたが、いくつか注意点もあります。

解約に関して多くみられる疑問をQ&A形式で見ていきます。

Q1,解約はいつでも大丈夫?

解約のタイミングについては制約はありません。

月の途中でも解約が可能ですし、1年・2年といった複数年契約の縛りもありませんので、いつでも解約することができます。

Q2,月の途中で解約の場合の料金は?

楽天モバイルの料金の請求は毎月1日~月末締めです。

月の途中で解約する場合は、その時点までの日割りで料金が請求されます。

解約日当日は含めず、解約日の前日までが日割り計算の対象になります。

Q3,スマホ交換保障プラスはどうなる?

スマホを購入した時にのみ加入できるオプションで

『スマホ交換保障プラス』というサービスがあります。

このオプションは契約についているわけではなく、製品に紐づいているオプションです。

契約を解約したとしても、このオプションは解約にはなりませんので注意が必要です。

Q4、解約料は無料ということは、契約時の事務手数料などかえってくる?

はぁ?という意見かもしれませんが、世の中には一定数こういう発想の人もいます。

もちろん、契約時の事務手数料だったり購入したスマホなど端末は返金されることはありません。

満足いただけなければいつでも解約、解約料なしとはいえ自分の費用で開通してそれを見極めるのは自己責任です。

Q5,解約時のSIMカードの返却先は?

解約時にはそれまで利用していたSIMカードを返却する必要があります。

返却費用はコチラ負担で送付する必要があります。

返送先

143‐0006

東京都大田区平和島3-5-1B棟2F

楽天モバイルRSIM回収係

※店舗での返却不可。

基本的にSIMカードはキャリアから貸与されているものなので、解約した場合は返却するのが筋です。

まぁ、私も返却していないですが特に請求があるわけでないし、問い合わせてみると紛失・破損した場合などは返却を要さないようなので、そんなに神経質にならなくても良いと思います。

Q6,対応悪いので、初期契約解除したい

ハッキリ言って今回、ある程度サポート体制について見切り発車した楽天モバイルに関しては、相当数の初期解約者がでるのではないかと思っています。

契約から8日間であれば、契約回線の解除を書面で行うことができます。

回線の解約のみでスマホやアクセサリー類は解約してお金を戻すことはできませんので気を付けましょう。

書面に以下の項目を記入します。

  • 住所
  • 契約者名
  • 楽天モバイルID
  • 対象のSIM電話番号
  • 連絡先電話番号
  • 初期契約解除制度による解除を希望する旨、およびその理由
  • 契約書面の受領日
  • MNP予約番号発行希望の有無

SIMカードの返却先は先ほど紹介したところと一緒なので、返却も忘れずに。

まとめ

楽天モバイルの解約については手順をしっかり解説する必要がないほど、簡単なものです。

いくつか注意点があります。

前述したとおり、サポート体制の不備・回線のエリアの狭さ、通信の不安定さなど解約につながる要素はスタートしたばかりの楽天モバイルには多くあります。

ま、そのために1年間無料キャンペーンをしてでも契約者を集めているわけですが。

いずれにしても事務手数料や、スマホ代など帰ってこない費用もありますので1年間は様子をみる。

いま不備のある部分がどのくらい改善されていくかを見るお試し期間と割り切っていく必要があります。