Y!モバイル

ワイモバイルのapn設定やり方どうやるの?しっかり解説。SIMのみ乗り換えには必須作業!

ワイモバイルに乗り換えて行う設定のひとつにapn設定があります。

設定ときくとそれだけでアレルギーがある人が多いのですが、apn設定とはどんな設定なのか?

今回はその点を深く掘り下げていきたいと思います。

乗り換えてスマホを円滑に使う為には避けては通れない設定になりますので、実施する方の参考になれば幸いです。

apn設定に関わる大前提のはなし。

ワイモバイルのapn設定に関わるポイントを説明しておきます。

  • apn設定とは、スマホに利用する回線を教えてあげる作業。
  • apn設定が必要なのは、SIM乗り換えした場合のみ。
  • iPhoneとAndroidではやり方が違う。

大きなポイントはこのくらい。

作業自体は難しいものではありませんので、一緒にみていきましょう。

それぞれのポイントを見ていきます。

apn設定が必要なのは、SIM乗り換えした場合のみ。

まず、apn設定を行う必要があるのはSIMのみ乗り換えをした場合です。

乗り換えに伴いスマホをセット購入した場合は、既にapn設定が行われた状態で送られてきますので心配ありません。

セット購入した場合は、電源を入れてapn設定を除く初期設定を行うことですぐ利用することができます。

あくまでapn設定はSIMのみ乗り換えた場合に必要!

セット購入の方は安心して使い始めてください。

apn設定とは、スマホに利用する回線を教えてあげる作業

そもそもapn設定とはどんな設定なのでしょうか?

apn設定とは…

Access Point Name(アクセス・ポイント・ネーム)の略です。

大手キャリアを初め、格安SIMまでいまや様々なキャリアが存在しています。

スマートフォンはどのキャリアに繋ぐのかを設定で書き込んで、『このキャリアに繋ぐんだよ~』と教えてあげなければうまく回線を識別することが出来ないのです。

家庭の通信回線を利用するときに『プロバイダ設定』をすると思いますが、作業的にはそれと同じです。

今までは大手キャリアで端末をセット購入するのが一般的で、あまりapn設定に触れることはなかったかもしれませんが、格安SIMの台頭やSIMロック解除の義務化などで自由にSIMカードを選択することが可能になりました。

他のキャリアからSIMのみでワイモバイルに乗りかえた場合には、この設定をすることを忘れないようにしましょう。

iPhoneとAndroidではやり方が違う

実際のapn設定のやり方を見ていきたいと思いますが、最後のポイントはここ。

iPhoneとAndroid端末ではやり方が異なるということ。

それぞれのやり方をみていきましょう。

iPhoneの場合

iPhoneの場合は設定に『プロファイル』というファイルを用いて行います。

あらかじめapn設定が書き込まれたファイルをダウンロードすることで、自動的に設定が書き込まれます。

iPhoneでapn設定するポイントは二つ。

  • 設定をする際はインタネーット接続が必要なので、自宅Wi-Fiや公衆無線などキャリアの電波以外のインターネットで接続する。
  • 構成プロファイルは一つしかダウンロードできないので、古いプロファイルは削除しておく。

この2点です。

Wi-Fi接続については説明の必要はないかとおもいますが、構成プロファイルの削除方法は以下のとおりです。

  1. 『ホーム画面』→『設定』→『一般』をタップ。
  2. プロファイルが表示されている場合は、現在のプロファイルをタップする。
  3. 『プロファイルの削除』をタップ。

これで乗り換え前のワイモバイル以外のプロファイルを削除できました。

ここまでできたら、ワイモバイルの公式ページにて構成プロファイルは配布されていますので、以下にアクセスしてプロファイルをダウンロードしてください。

ワイモバイル公式HP

Androidの場合

Androidの場合はスマートフォンの設定画面から手動でプロファイル情報を入力します。

なので、iPhoneのようにインターネット接続は必要ありません。

設定手順を解説していきます。

『設定』→『接続』→『モバイルネットワーク』を選択。

※Androidは機種によって設定の項目名称などが違いますので、一般的な設定手順を紹介します。

APN設定が表示されますので、『+』をタップして新しいAPNを追加します。

設定する項目と設定値は以下のとおりです。

名前Y!mobile apn(任意、入れなくてもよい)
APNplus.acs.jp
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
APNタイプdefault,mms,supl,hipri

 

繋がらない時は

APN設定をしても繋がらないときは以下のことを確認しましょう。

設定値の打ち間違いはないか

Androidの場合は手動で設定値を打ち込みますので、打ち間違いが発生しやすいです。

特に、MMS設定の方では英小文字にドット(.)カンマ(,)の入力もあります。

ひとつでも打ち間違いがあると設定がうまく反映されませんので、注意して慎重に入力してください。

設定したら、再起動。

設定したら再起動しないとうまく反映されないことはよくあります。

APN設定をしたら、必ず端末を再起動してみましょう。

そもそもSIMロック解除してあるか?電波が対応しているか?

根本的な問題として、SIMロック解除がされているか確認してください。

他のキャリアで端末を購入した場合は、基本的にSIMロックがかけられています。

最近の傾向としては、販売されている端末がSIMフリー端末の場合もありますのでその場合は問題ありませんが、一度確認してみましょう。

SIMロックがかかっている場合は、ワイモバイルの電波を掴むことは出来ませんので注意してください。

また、端末によってはワイモバイルの電波に対応していない場合もありますので十分確認してください。

まとめ

SIMカードのみの乗り換えも今後増えてくると思います。

便利なSIMを選択する自由度が増える一方、いままで自分では設定することの少なかった今回のAPN設定のような設定をすることもあります。

基本を押さえてばそれほど難しい設定ではありませんので、今後のためにも実行して手順に精通しておきましょう。