UQモバイル

【動画あり】UQモバイルの節約モード使ってみた件。実際の利用で出来ること・出来ないこと。

こんにちは!

チチ猫です。

UQモバイルと契約して半年ほど経過しましたが、速度・サービス共に満足している今日この頃。

UQモバイルには特徴のひとつとして

節約モードを利用できる!

ことが挙げられます。

 

格安SIMではだいぶお馴染みになってきたこの機能があれば、通信容量がカウントされなくなりデータ容量の節約になります。

上手く利用すれば、実質使い放題!?

な便利な機能なのですが、実際使えるのか?気になるところだと思います。

そこで今回は実際にUQモバイルの節約モードを使ってみて、どんな使い方ができるか検証してみます。

UQモバイルへの乗り換えを検討されているかたの参考になれば幸いです!

節約モードとは?

そもそも節約モードとは?をおさらいしておきたいと思います。

節約モードとは?

格安SIM(MVNO)で提供されているサービスで、通信速度を制限するかわりにそのモードで行う通信は通信容量にカウントされないサービスのこと。

UQモバイルの場合、節約モードの通信速度は最大300Kbps。

私は旧プランのときに契約していますので、おしゃべりプラン・ぴったりプランの場合適用される最大300Kbpsの速度になります。

新プランの『スマホプラン』でも最大300Kbpsになりますので、速度は変わりありません。

追記:2020年よりUQモバイルの節約モードがより高速になりました。

Rプランの節約モードは最大1Mbpsで通信できます。

Sプランは今までどおり最大300Kbpsでの通信になります。

※この記事は300Kbpsで通信した時の検証記事です。

ご注意ください。

節約モードはアプリから簡単切り替え!

UQモバイルの節約モードを利用する方法は簡単。

専用の『ポータルアプリ』をダウンロードしておけば、スイッチひとつで高速・低速を切り替えることが出来ます。

UQモバイルポータルアプリ

ポータルアプリからは他に、データ残量の確認やデータチャージもできます。

UQモバイルユーザーには必須のアプリになっていますので、契約したら必ずダウンロードすることをおススメします。

節約モードで実際にインターネットを閲覧してみる。

節約モードをONにして早速インターネットを利用してみます。

実際いつも節約モードでインターネット利用していますので、最初に申し上げますが通常のインターネット検索はほぼ問題なく利用できます。

UQ節約モードのサイト閲覧

結構リアルな感じになっています。

特に50秒~のあたりはちょっと重めの画像が含まれていたので、表示までに時間がかかっています。

けど、節約モードの通信だとこのくらいの感じはザラです。

もちろん通信環境・時間帯にもよりますが、このくらいの感じが

『こんな遅いのガマンできねぇ!』

という感覚だと厳しいかもです。

ご自身の感覚と照らし合わせながらご覧ください。

 

私がなるべく避けるようにしているのは、amazonや楽天といったショッピングサイトなど画像が多いサイトの閲覧です。

画像を表示するのには時間がかかり結構いらいらするケースが多いです。

節約モードで楽天サイトを閲覧

節約モードでYouTubeを閲覧してみる

つづいて節約モードでYouTubeを閲覧してみました。

節約モードでYouTube

私はどちらかというと日中、音楽を聞き流していることが多いのであまり映像の良しあしは関係ないのでほぼ問題なく利用できています。

ただ、基本的に標準以上の映像で視聴することは困難です。

時間帯によっては自動にしていると、ほとんど低画質になっていることが多いです。

音楽や、勉強のためのサイトを聞き流すなどで画質が落ちても問題ない使い方を模索するほうがストレスが少ないでしょう。

 

節約モードでWOWOWオンデマンドを視聴していみた。

色々なオンデマンドサービス、サブスクリプションサービスが全盛な中でこういったサービスを節約モードで使いたい!という人も多いでしょう。

この辺が節約モードで利用できれば、実質使い放題で見れますから・・・。

私はWOWOWを契約していてオンデマンドサービスを利用しているので、そちらを実験的に節約モードでみてみました。

著作権の関係で映像がありませんが

表示されるまで2分弱かかり、ダウンロードしたあとも途切れ途切れの閲覧になってしまいました。

結論、オンデマンドサービスなど大量のデータを受信する場合は、速度が300Kbpsでは足りません。

正直使い物にはなりませんので、利用は避けるようにしましょう。

節約モードでその他ためしてみたこと。

その他普段使う用途の多いものを節約モードで試してみました。

節約モードでradiko

いつでもラジオを聴けるアプリ『radiko(ラジコ)』を利用されているかたも多いと思います。

実際に利用してみましたが、これは全く問題ありません。

途切れることなく聴き続けることができます。

バックグラウンドで再生していれば、節約モードなら使い放題といえますね。

節約モードで『Pokemon GO』

あまりゲームしない私なのですが、その中でも『ポケモンGO』はやっていますので、試しに節約モードでやってみました。

こちらもまったく問題なく遊べます。

最初のログインにちょっと時間かかるかなぁくらいで、その後のゲームに関しては途切れることなく遊べます。

ゲームは様々ありますので、それぞれ試してみる必要がありますが回線に相当な不可がかかるオンライン系のゲームでなければ問題なく使えると思います。

歩きスマホでプレイはやめましょうね!

節約モードでアプリのダウンロードはNG!

先ほどのradikoを試す時にアプリをダウンロードしようとした動画もご覧ください。

節約モードでアプリダウンロード

これは最大の節約モードの弱点かも。

結構、出先でアプリダウンロードしたい場面って結構あるかもですがこれは節約モードでは全くおススメできません。

大手キャリアなら数秒で出来るダウンロードも節約モードでは数分~数十分かかってしまいます。

これは、節約モードに限らず格安SIMを使う上で一番ネックになる部分です。

格安SIMの速度だと結構時間がかかってしまう作業なので、注意が必要です。

UQの強みは高速モードが本当に高速なこと

UQモバイルで節約モードを使う強みは、モードを切り替えて高速モードにすると

速度が本当に高速なことです!

これは結構重要で、

格安SIMだと節約モードが遅い→通常モードに切り替え→こっちもそんなに速くない→イライラする

という負の連鎖におちいります。

 

UQモバイルなら例えばアプリダウンロードしたい時

節約モード遅い→高速モードに切り替え→数秒でダウンロード(^^♪

 

いざっていう時の逃げ道があるのがauのサブキャリアとしての強みです。

上手く使いわけることで使い放題の部分が際立ちます。

まとめ

というわけでUQモバイルの節約モードで色々ためしてみました。

楽天モバイルのスーパーホーダイの最大1Mbpsに次ぐ節約モードの速度なので、比較的使える範囲は多いのがわかりました。

大事なところなので、繰り替えしますがUQモバイルの節約モードのメリットは

いざという時高速モードに切り替えると本当に高速!

という部分です。

大手キャリアと速度は遜色ありません。

いざという時は高速通信で対応できるのが強みですね。

 

みなさんもそれぞれの環境で使い放題にできる通信を探ってみてください!

では!