ワイモバイルへの疑問・~とは?

ワイモバイルって代替え機を貸してくれる?覚えておきたい修理時の対応状況。

大手キャリア以外の乗り換え先でまず不安なのが

故障時の対応

大手キャリアなら、まず『ショップに行こう!』となるのが普通ですがいわゆる格安SIMと呼ばれるキャリアのほとんどはショップなどを持たない形態で運営されています。

 

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとしてショップも数多く展開し、スタッフによる対応もしてくれる数少ない乗り換え先です。

端末の故障や、落としちゃった!といったような事故はいきなりおきるものですよね。私も何回も経験しています

 

いざという時慌てないようワイモバイルの修理時の対応を確認しておきましょう

ワイモバイルに修理だしたら代替え機貸してくれる?

早速本題のワイモバイルの修理時の対応ですが、代替え機を貸してくれるかどうかについては

基本的にショップに行けば貸してくれます。

しかし、代替え機の機種を指定することはできません。

機種によっては対応する機種を用意することができないようです。

代替え機のあるないは対応する店舗による場合もあります。

修理時、『代替え機はありません。』といわれたらい回しに合ったケースもあるようですので、

いきなりショップに行く前に代替え機があるかどうか電話で確認しておくほうが良いでしょう。

 

ちょっと安心しました?

ワイモバイルには修理対応にかんするオプションがあります。

当然対応は修理オプションに加入している人に対して手厚くなります。

毎月そのためにお金払っているわけですから。

オプション加入してなかった場合で修理対応を求めても、『対応が悪い!』とか『代替え機がどこ行ってもない!』という状況になります。

それは当然のことです。

次からはワイモバイルの修理に関するオプションを見ていきましょう。

 

お金がかかりますが、故障時の対応に不安を残したくない人は必ずオプション加入しておきましょう。

ワイモバイルの修理等に関するオプションについて

故障時に対応するワイモバイルのオプションサービスは契約しているプラン・使っている端末によって違います。ひとつひとつ細かく見てみましょう。

故障安心パックライト

ワイモバイルの契約ではSIMカードのみ乗り換えることができます。

『故障安心パックライト』はSIMカードのみ乗り換えて、SIMフリースマートフォンを使っている人に対応するオプションです。

申込必要
月額料金500円

持ち込みで使っていたスマートフォンが使えなくなった時に次の機種をちょっと割引して買い替えることができますよ。くらいのオプションです。

子ネコ
子ネコ
タダで取り換えてくれるの?
チチ猫
チチ猫
そんなわけないでしょう!手数料名目で機種代金をとられるよ。すぐ買い替えることが出来るという感じ。機種もワイモバイル指定のものに限られるよ。
子ネコ
子ネコ
あ、そうなんだ・・。iPhoneでも替えられるの?
チチ猫
チチ猫
2020年2月21日現在、iPhone6やiPhone7が対象機種にはいっているよ。
指定機種手数料(機種代金)
翌月~6か月以内7か月以降
AndoroidLibero S10 , Android One S5 , Android One S4 , Android One S3, HUAWEI P20 lite , HUAWEI nova lite for Y!mobile , HUAWEI P30 lite12,500円7,500円
Andoroid One S618,091円13,091円
Andoroid One S721,364円16,364円
Android One X4 , Android One X3 , Android One X224,637円19,637円
かんたんスマホ27,909円22,909円
Xperia 831,182円26,182円
Android One X536,091円31,091円
iPhoneiPhone 6s(32GB)16,782円11,782円
iPhone 6s(128GB)26,273円21,273円
iPhone 7(32GB)25,946円20,946円
iPhone 7(128GB)35,764円30,764円
子ネコ
子ネコ
結構普通にかかるんだね・・。
チチ猫
チチ猫
とは言え、普通に故障してから機種変するよりは大分割引されているよ。
チチ猫
チチ猫
機種にもよるけど1年ちょっとオプション加入していると、オプション料金が割引額を抜いてしまうので、1年半以上オプション加入していて使ったことがない場合は解約した方が良いね。

例)手持ちのスマートフォンが壊れ、Xperia 8に交換する場合。

7か月後だと・・。

26,182円(手数料)3500円(7か月分のオプション料金)29,682円。

で交換することができます。

これが、20か月後だとオプション料金だけで10,000円払っていることになります。

26,182円(手数料)10,000円(20か月分オプション料金)36,182円。

機種によって違いますが、それぞれ端末交換を利用しないでずーっとオプション料金を払っていると、いざ端末交換をするとき損してしまう場合があるのです。

一年ちょっとでこの時期が来てしまう機種もあります。

料金はよく確認して、損しないように注意しましょう。

故障安心パックプラス

乗り換えと同時に機種変更をした・新規にスマートフォンを購入したという人は購入と同時に『故障安心パックプラス』に加入することが出来ます。

申込必要
月額料金690円

故障した場合

端末が故障した場合(自然故障・自分に責任がない場合)は負担額なしで修理対応してくれます。

※iPhoneは対象外です。

自己責任で水濡れ・全損などになった場合

スマートフォンで怖いのはコチラ。

気を付けていても落としてしまったり、水に濡らしてしまったりといったトラブルはあり得ます。

そんなときの対応もしてくれます。

サービス負担額内容
水濡れ・全損補償サービス5,000円(外装交換も必要な場合00円)水濡れ・全損に対して上限5,000円で修理対応。
破損補償サービス最大1,500円外装が破損した時に外装を交換。
故障交換サービス交換代金7,500円~故障した機種を新品同様の同一機種と交換。

自己責任でスマートフォンを壊してしまった場合は、上記のいずれかのサービスを利用して直すことができます。

故障の具合、対応方法を選んで使うことができますので便利です。

なお、iPhoneの場合は『水濡れ・全損補償サービス』、『破損補償サービス』は使えません。『故障交換サービス』は利用できます。

こわれたら交換で良いや!という人は『故障安心パックプラス』は加入する意味がありますが、修理を希望する人は自分でapple careに加入した方が良いでしょう。

しかし、apple careは高額です。故障の頻度にもよりますが、補償にかかる金額は決して安くはありません。

そこで、モバイル保険というものがおススメです!

これなら機種を問わず、年間10万円までの修理を補償してくれます。

機種に対してではなく、契約者に対して補償してくれるのでiPhone以外のモバイル端末の故障にも対応してくれるので、同じく料金を払うならこちらの方が確実にお得です。

月額は700円です。

モバイル保険

 バッテリーの交換も対応

長く同じ端末を使っているとバッテリーの消耗も気になってきます。

『故障安心パックプラス』なら

一年以上同一機種を使っていて、かつオプションに一年以上加入している場合は一律3,000円割引してくれます。

故障安心パックーSとは?

故障に対する補償についてはもうひとつ

『故障安心パックーS』があります。

申し込み必要
月額料金500円

こちらはケータイプランSS/ケータイベーシックプランSSが対象です。

いわゆるガラケーユーザーが対象です。

ワイモバイルでは一部ガラケーも購入できますので、そちらを購入時の補償として加入できます。

内容は前項の『故障安心パックプラス』とほぼ同じですので、割愛します。

ワイモバイルの故障安心パックは加入すべき?

ここまで、故障安心パックのオプション内容を紹介してきました。

ぶっちゃけオプションは加入すべきでしょうか?

いままで、使っていた経験で故障を起こす頻度が多い人はやはり加入しておくことをおススメします。

仕事で使っている場合などは、しっかりした対応があれば使えなくなる時間を少なくすることができますからね。

 

個人的には正直この手のオプションに加入したことはありません。

大体乗り換えを実行した際には、機種変更も兼ねて新規購入しているので前に使っていた機種を有事の代替え機として確保しています。

ワイモバイルならキャッシュバック案件も豊富なので、機種代金の負担を減らしてのりかえることが可能です。

Y!モバイルのキャッシュバックを紹介!業界最高値の還元を見逃すな!現金キャッシュバックの現状。

さらっと書きましたが、この代替え機を確保しておくというのは結構大事です。

せっかく月額料金を削減したので、オプション料金はわずかとは言え払わないに越したことはありません。

また、手元に代替え機があればまずは応急的にSIMカードを挿し換えてその場をしのぐことができます。(そのためにも端末は必ずSIMロック解除を済ませておきましょう。)

 

ミドルスペックの機種をつかっているなら機種変がおススメ!

ワイモバイルに乗りかえた際、機種変更をした人はミドルスペックの機種が多いかもしれません。

そもそも端末のラインナップがハイスペックのものはあまりありませんので・・・・。

ミドルスペックの機種で利用は事足りているのであれば、故障した場合も機種変更してしまった方が良いでしょう。

2~4万円代でも使いやすい機種が多いので、機種変更をしてしまってもオプション料金を払い続けたうえで修理に出した場合と料金負担はそんなにかわらなかったりします。

  • 一年間は新品補償で乗り切る。
  • 自己責任の故障は起こさないよう細心の注意で使用する。
  • 2年目からは故障して料金がかかるようなら、機種変更をする。

というのがおススメです。

まとめ

ワイモバイルの修理対応オプションは、大手キャリア以外の乗り換え先が提供している補償としては手厚い部類に入ると思います。

ショップの数も多いので、故障した時の対応に不安がある。ショップの人に相談したい。という人にはおススメです。

ショップの対応もオプションの加入の有無によって変わりますので、不安な人は必ずオプション加入したうえで、故障時はすぐにショップに行きましょう!