格安SIM・格安スマホに乗り換え

格安SIMで使えるIP電話を紹介。賢く利用して月額料金を節約しよう!

格安SIMは電話料金をいかに削減できるかが重要

子ネコ
子ネコ
格安SIMって通話料がかかるって聞いたけど・・。
チチ猫
チチ猫
そうだね。基本的に”完全かけ放題”のプランが少ない格安SIMでは通話料をいかに削減するかがポイントになるね。

格安SIMでもかけ放題はあります。

しかし、『○○分以内の通話なら無料』。とか

『月間の通話○○分以内なら無料』など条件のついたかけ放題が一般的です。

 

格安SIMにかけ放題はある?各社のプランを紹介!絶対気を付けたいポイントも!

↑参考記事

 

これだと、もともと通話をすることが少ない人は良いですが

大手キャリアの完全かけ放題で全く通話時間を気にしたことがなかった人。

通話することが多い人。

には結構なストレスになります。

 

そんな通話料削減のための手段として

『IP電話』があります。

 

子ネコ
子ネコ
IP電話・・ってなに?
チチ猫
チチ猫
だよね・・!じゃぁ、今回はIP電話について解説していくよ!

IP電話とは?

格安SIMで利用できる通話は

  • 通常の電話回線を利用した通話
  • 特定の識別番号をつけるプレフィックス通話
  • IP電話

と3種類あります。

なかでも格安SIMの通話で一般的なのは、

『プレフィックス通話』です。

プレフィックス通話とは、電話番号の前に特定の識別番号をつけることで格安SIMキャリアから発信し、割引を受けるタイプのサービスです。

たとえば楽天で取り扱っている『楽天でんわ』の場合、「0037-68-」を電話番号の前につけます。

『0037‐68‐090‐〇〇〇‐○○○○』のようになります。

これによって通常30秒20円の通話料が半額になります。

ほとんどの格安SIMの通話はこの仕組みを利用しています。

 

もう一つの利用方法は『IP電話』です。

 

IP電話とはインターネットを利用した通話サービスのことです。

 

IP電話の場合通常の090、080の電話番号ではなく『050』から始まる番号を付与されます。

プレフィックス通話と比較してもさらに通話料が割引され、中には通話料が無料になる場合もあります。

取り扱いのあるキャリアとその特徴を紹介します。

格安SIMでIP電話が使えるキャリア

mineo

ケイオプティコムが運営する格安SIM『mineo』。

mineoのIP電話サービスが『LaLa Call』です。

通話料が安くなる

なんといっても『LaLa Call』同士、もしくは同系列の『eo光電話』、『オフィスeo光電話』への通話が無料になるのがうれしいところ。

その他への通話料も格安になります。

通話相手通話料
LaLa Call、ビジネスLaLa Call、eo光電話、オフィスeo光電話、光電話オフィス、050IP電話(無料提携)24時間無料
携帯電話(国内)8円/30秒
PHS(国内)20円/1分
固定電話(国内)8円/3分
050IP電話(有料提携)7.4円/3分
国際電話アメリカの場合6円/1分
災害用伝言ダイヤル(171)30円/3分

 

もう一つ電話番号も付与されるので、仕事用に使ったりしても通話料が削減できます。

楽天モバイル



※注意!

楽天モバイルの『050データSIM』は2019年3月をもって取り扱いを終了しました。

以前から使っていた人はそのまま使い続けられます。

新規受付は終了しています。

楽天モバイルには050データSIMというプランがありました。

いわゆるデータSIMの金額に050の電話番号が含まれていて、付与されるお得なプランです。

Viberアプリを利用したサービス

楽天モバイルの050電話番号サービスは

『Viber』というアプリを利用して発着信を行います。

『Viber』同士の通話については無料になります。

通話相手通話料
Viber無料
携帯電話10.6円/分
固定電話3.2円/分

楽天モバイルの『050SIM』の通話料は格安!

楽天モバイルの『050SIM』の料金はその他の格安SIMのIP電話サービスと比較しても、破格の料金といえます。

最安級のサービスです。

050の電話番号が付与され、その番号で発信・着信ができるので普通の電話番号と同じ感覚で利用することができます。

OCNモバルONE



OCNモバイルONEでは『050Plus』というサービスを利用することでIP電話を格安で使えます。

OCNモバイルONEの音声通話SIMを申し込んだ人は、無料で050の番号を持つことができます。

050plusの通話料

通話相手通話料
050Plus無料
携帯電話16円/月
固定電話2円/月

AEON モバイル

AEONモバイルのIP電話プランは『050かけ放題』というオプションで選択できます。

月額1,500円のオプション料金でIP電話が国内通話であれば、固定電話でもスマホ・携帯でも相手を問わず無料で通話できます。

うれしいのはデータプランで申し込んでも、オプションを付けられること。

IP電話のみで良い場合、データ通信を安く利用しながら050電話番号ももらえることになります。

 

TONEモバイル

TUTAYAの提供する格安SIM『TONEモバイル』。

TONEモバイルで契約すると、090音声オプションを申し込まない限り基本の通話が『TONE電話』というIP電話になるというユニークなSIMです。

TONE電話の通話料

通話相手通話料
TONE電話無料
携帯電話21円/分
固定電話4.3円/分

TONEモバイルのIP電話の通話料はこれまで紹介したSIMの中でも割高です。

そこで、月額500円の10分かけ放題オプションがあります。

ちなみに090の番号を使いたい場合は090音声オプションを月額950円で付ける必要があります。

ちょっと普通の感覚とは逆の変わったSIMなので注意が必要です。

IP電話の注意点

IP電話には特有の問題点があります。

デメリットをどうしても受け入れられない場合、導入は見送った方が賢明です。

番号が『050』から始まるものになってしまう。

この点は避けられない部分。

通常携帯電話番号であれば、090や080などから始まるのが一般的なところをスマートフォンにおけるIP電話を利用する場合は、電話番号が050になってしまいます。

もし050からの電話番号から着信があったような場合は、ちょっと違和感があるかもしれません。

 

結構ビジネスに使うケースは多いかもしれません。

仕事上の電話で050からの電話をやり取りしたことがある人もいるかもしれません。

 

ただ、そうなると普段の電話番号に050番号を使うとより違和感を感じる原因になります。

逆に言えば、この点をクリアできれば050番号を導入して格安な通話料を実現できます。

緊急通報ができない

110番や119番などの番号は発信者の位置情報を特定する機能があります。

IP電話はこの機能に対応していないので、発信できません。

 

もし、IP電話から緊急通報したい場合は警察署や消防署の一般電話の番号の方へ通報するしかありません。

 

電話回線を利用した通話より不安定

IP電話はインターネット回線を利用して行う通話なので、インターネットの接続状況が不安定になる場合があります。

4Gの登場により、またこれから5Gも実際にサービスがはじまります。

インターネット回線の安定化はIP電話の通話品質の向上につながります。

 

また、例えば一般電話(黒電話で使われたような固定回線)は電源がなくても発着信ができます。

インターネットにつなぐ際には関連機器の電源を確保する必要がありますので、停電の場合は使えないこともあります。

IP電話に不安があれば完全かけ放題のキャリア

基本的に格安SIMの通話はプレフィックス通話で割引がされます。

IP電話を使うことができるならさらに電話料金を削減することもできます。

 

しかし、やはり通話が多くて通話料金が確定しないと不安で嫌だ!

大手キャリアのように完全かけ放題が良い!

 

という人には、大手キャリア以外のキャリアにも『完全かけ放題』に対応するキャリアがでてきていますので、そちらを利用しましょう。

UQモバイル

UQモバイルは2019年12月より『完全かけ放題』を提供しています。

『完全かけ放題(24時間いつでも)』です。

スマホプランにのみつけられるオプションで、月額は1,700円になっています。

UQモバイル完全かけ放題プランを発表!格安SIM最強説!?

↑詳しくはこちら!

 

Y!モバイル

Y!モバイルにも通話し放題プランがあります。

『スーパーだれとでも定額』。

プランによって金額が違いますが、スマホで使うひとなら月額1,500円で利用できます。

プラン名月額料金
  • スマホベーシックプラン
  • スマホプラン
  • ケータイベーシックプランSS
  • ケータイプランSS
1,000円/月
ケータイプラン1,500円/月

 

まとめ

格安SIMで使えるIP電話について調べてみました。

基本的にはIP電話同士なら無料で通話できる。

その他の通話も通常の通話より格安で通話できる。

といったメリットがあります。

 

どうしても050番号になってしまいますので、その部分が受け入れられる場合はお得に通話うことができます!