ワイモバイルへの疑問・~とは?

ワイモバイルのワイモバ学割はコスパ最強!通話し放題込のお得な料金見積もり!

こんにちは!

チチ猫です。

今回の記事は3月に執筆しています。

4月の新学期が近づく時期、学年が上がるのを機にお子さんにスマホを持たせようという方も多いと思います。

しかし、スマホユーザーが増えることで通信費ははさらに増え、毎月の支払いを圧迫していきます。

お子さんには格安スマホを・・・。

もしくは、これを機に

家族全員で格安スマホに乗り換えを検討しているみなさん!

 

格安スマホで学割ならワイモバイルの学割がお得ですよ!

CMでもバンバンPRしていて気になっている人もおおいはず。

 

今回はワイモバイルの学割の内容・おススメポイントをまとめてみます。

ワイモバイルの学割2020の内容

適用条件

まず適用されるための条件ですが、以下のとおりです。

  • 新規もしくは他社からの乗り換え(MNP)であること。
  • スマホベーシックプランMかRプランに加入すること。
  • 年齢5~18歳の加入者であること。

学割という名の割引ではありますが、学生であるべき条件は見つかりません。

年齢のみが条件になっています。

ワイモバイルの月額料金の最低ラインは『1,480円』です。

どんな割引もその最低ラインを下回ることがないように設定されています。

学割も最低月額1,480円で利用できます。

なので、Sプランは対象外です。

Sプランも対象にすると安くなりすぎちゃいますからね。

ま、その方がユーザーにはうれしいんですけど・・。

その分Mプラン・Rプランの多いデータ容量を割安で使えるということで売り込んでいるようですね。

家族も学割が適用される

ワイモバイルの学割でうれしいのは、同じ家族グループ内の家族も学割が適用される点です。これはうれしい割引ですね!

ただ、条件として家族も新規・MNPで契約することが求められます。

さらに家族グループの人もMプラン・Rプランである必要があります。

既にワイモバイルと契約している親の回線に子回線としてお子さんが加入しても、親に学割が適用されることはありませんので注意してください。

学割の適用期間

ワイモバイルの学割、適用期間は契約から1年間。

契約月を含めて13か月間割引されます。契約初月は日割りでの割引が適用されます。

学割の申し込み期間

ワイモバイルの学割2020の申し込み期間は

2019年11月29日~2020年6月1日までとなっています。

キャンペーン内容を含め、期間も変更する可能性がありますのでご注意ください。

学割適用時の料金例

実際に学割を適用した場合の料金例を確認していきましょう。

チョットややこしいので、ひとつひとつ説明していきます。

学生ひとりで契約した場合

まず、家族割を考えず学生ひとりで契約した場合の料金です。

※先ほども書きましたが、年齢の条件を満たしていれば学生である必要はありません。

料金プランスマホベーシックプランMスマホベーシックプランR
契約期間翌月~7か月7~13か月翌月~7か月7~13か月
月額料金3,680円4,680円
おうち割光セット-500円
新規割-700円なし-700円なし
学割-1,000円
合計1,480円2,180円2,480円3,180円

ひとりで契約したとしてもこの料金で利用できます。

前述のとおり、学割の対象になるのはM・Rプランのみです。

逆を言えばMプラン(12GB)も使えて最安1,480円というのは、破格の料金設定といえます。

この中で受ける条件が一番厳しいかもしれないのは、『おうち割光セット』。

ソフトバンク光もしくはソフトバンクAirを契約した際に受けられる割引です。

まぁこれがなくても格安な価格なのですが・・。

家族割と併用できない割引になっていますので、最安を目指したい人は家族でまとめて乗り換えを検討してみるのが良いでしょう。

家族でまとめて乗り換えた場合

続いて家族3人で乗り換えた場合料金がどうなるのか?

実例を見ていきたいと思います。

学割適用はMプラン・Rプランのみですので、安い方Mプランでの試算をしてみます。

主回線(父親)

料金プランスマホベーシックプランM
契約期間翌月~7か月7~13か月
月額料金3,680円
家族割代表回線は対象外
新規割-700円なし
学割-1,000円
合計1,980円2,680円

子回線(母親)

料金プランスマホベーシックプランM
契約期間翌月~7か月7~13か月
月額料金3,680円
家族割-500円
新規割-700円なし
学割-1,000円
合計1,480円2,180円

 

子回線(学生)

料金プランスマホベーシックプランM
契約期間翌月~7か月7~13か月
月額料金3,680円
家族割-500円
新規割-700円なし
学割-1,000円
合計1,480円2,180円

家族3人の合計金額

契約期間翌月~7か月7~13か月
合計1,980⊕1,480⊕1,480=4,940円2,680⊕2,180⊕2,180=7,040円
一年間の合計4,940×6=29,640⊕7,040×6=42,240 合計71,880

まさに破格の金額といえます。

一人当たりMプランの12GBが使えてこの金額は最安級といえます。

1年後からは学割がなくなりますので、プランをSプランに変更するようにすれば安さを維持して利用することができます。

UQモバイル学割との比較

常にワイモバイルとライバル関係にある、auのサブキャリア

『UQモバイル』

UQモバイルにも学割【UQ学割】があります。

比較してみましょう。

UQ学割は最安980円~

UQ学割の最大の特徴は最安のSプランでも適用されること。

Sプランの割引は500円。

スマホプランSML
基本料金1,980円2,980円3,980円
家族割適用1,480円2,480円3,480円
学割適用980円1,480円2,480円

 

Mプラン・Lプランの割引額は1,000円になります。

Sプランならついに1,480円を切る金額になるんですね!

家族3人で乗り換えた場合

こちらも先ほどの家族構成で乗り換えた場合を試算してみます。

家族の場合UQ学割適用はMプラン・Lプランのみと定められています。

最安での試算として、子回線はSプラン。

家族はMプランでの計算です。

主回線(父親)

スマホプランMプラン
月額料金2,980円
家族割代表回線は対象外
学割-1,000円
合計1,980円

子回線(母親)

スマホプランMプラン
月額料金2,980円
家族割-500円
学割-1,000円
合計1,480円

子回線(学生)

スマホプランSプラン
月額料金1,980円
家族割-500円
学割-500円
合計980円

 

ユーザー父親母親子ども
年間1980円×12=23,7601,480円×12=17,760980円×12=11,760
総合計23,760⊕17,760⊕11,760=53,280円

かけ放題に注意!

子ネコ
子ネコ
あれ⁉UQ学割のほうが大分安いんだね!
チチ猫
チチ猫
ちょっと待って!この金額には通話し放題が含まれていないからね!
子ネコ
子ネコ
え!そうなの!?
チチ猫
チチ猫
ワイモバイルは基本料金に10分通話し放題が含まれているので、必要な人はオプションをつけて計算しよう!
かけ放題(1回あたり10分までの通話無料)700円/月
通話パック(月60分までの通話が無料)500円/月

条件を同じにする為、かけ放題オプションをつけると

700円/月かかります。

ひとりあたり700×12=8,400円

3人で8,400円×3=25,200円

通話オプションも含めたUQ学割1年間料金53,280⊕25,200=78,480円
子ネコ
子ネコ
通話オプションを付けるとワイモバイルの方が安くなった!
チチ猫
チチ猫
通話オプションが必要なければ、UQ学割の方が安くなるね!

まとめ

ワイモバ学割は最初から通話し放題もついていて料金としては

最強!といえます。

大手キャリアからの乗り換えなら大きな料金差がでます。

キャンペーンには期間がありますので、検討しているかたはお早目に