UQモバイルの使い方・設定

WIMAXの3日で10GB速度制限をカンタン解説!もっと使えるモバイルルーターがあります!

ようこそ『MNPのコンシェルジュ』へ。

今回UQモバイルのWIMAXの速度制限
について調べた記事です。

こんな疑問についてお答えします。

  • WIMAXの3日で10GBの制限とはどんなものか?
  • 速度はどのくらい、いつまで制限されるのか?
  • 3日で10GBの通信ってどのくらいの通信?
  • 他のモバイルルーターの速度制限はどんなもの?

あなたもこんな風な疑問をお持ちではないでしょうか?

こんなコンパクトな機械を持ち歩いて、外出先でインターネット接続をしている姿を
みたことありませんか?


いわゆるモバイルルーターですが、コロナ禍においてリモートワークも推奨されているので、外でもインターネット接続ができるこういった機種が注目されています。

WIMAXはUQモバイル、ポケットWi-Fiはワイモバイルの、それぞれ商品名になります。

この二つは有名になりすぎて、モバイルルーター=WIMAX・ポケットWi-Fiと思っている
人も多くいます。

この二つを調べていくと、どうやら通信制限と速度制限があるようです。

外でも便利に使い放題で使えると思ったら、通信制限があるのでは期待外れです。

  • 3日で10GBの速度制限?
  • LTEだと7GB制限?
  • WIMAX 2+だと無制限?

調べてみたのですが、これがけっこうややこしい!

当然私もこの疑問に行きつきました。

 

でもここをはっきり理解しないで使い始めると、当然思わぬ速度制限を食らってしまって
使い物にならなくなる可能性もあります。

快適に使う為にも3日で10GBの速度制限がどんなものなのか…。

分かりやすく簡単に解説しますので、一緒に見ていきましょう。

そしてモバイルルーターにおいて、速度制限がもっと緩い回線。
もしくは速度制限がないものはないのでしょうか?

記事後半ではおススメのモバイルルーターについても紹介していきますので、
最後までご覧いただければ幸いです。

 

この記事でわかること
  • WIMAXにおける3日で10GBの速度制限の詳細。
  • 10GBで出来る通信内容。
  • 他社のモバイルルーターの速度制限はどうなっている?
  • もっとお得に使えるモバイルルーター、おススメ回線紹介

WIMAXにおける3日で10GBの速度制限の詳細。

UQ WIMAXの料金プランは2019年9月をもって、

『ギガ放題』一択になりました。

ギガ放題とは一体どんな料金プランなのか料金表をみてみましょう。

月額料金ずーっと3,880円
通信量WIMAX2+月間データ量 上限なし
LTE7GB/月
契約年数2年

これがギガ放題の料金表です。

気になる点を解説していきます。

月間データ容量上限なしなのは、WIMAX2+エリアのみ

その名の通りギガ放題=通信容量に制限がない。

という意味なのですが、注意すべきはギガ放題で使えるのは

『WIMAX2+エリア』のみです。

WIMAXでは通信モードを選択することができます。

  • WIMAX2+通信
  • LTE通信

の二つの通信モードです。

二つのモードでどのような違いがあるのでしょうか?

WIMAX2+とLTEエリアの違いは?

スマホで利用する通信は主に、速度の速い周波数帯の高い電波と、速度は落ちますが安定して繋がる周波数帯の低い電波を組み合わせて使います。

当然、『高速な方が良い!』

というのが普通の人の感覚だと思いますが、速度が遅くても安定して繋がることも非常に大事です。

特に周波数帯の低い電波の特徴は、地下やビルの中など障害がある場面でも繋がることです

周波数帯の高い電波は速度が速い分、直進性の高い電波です。

なので、障害物があるとさえぎられてしまって電波が届かなくなってしまいます。

WIMAXにおける二つの電波の役割は

  • 高周波の電波…WIMAX2+
  • 低周波数の電波…au 4G LTE

となっています。

LTEエリアは月7GBの制限がある。

LTEの通信は7GBの通信制限があります。

これは『プラチナバンド』なんて呼ばれていたりします。

安定して繋がる電波って貴重なんですね。

なおLTEを使う際はオプションとして料金も発生します。

使った月のみ月額1,005円かかります。

ちなみに気を付けておきたいのは、LTEオプションで7GBを使い切って通信制限を受けてしまった場合は

『WIMAX2+』の通信も制限の対象になることです。

こちらで速度制限を受けると、制限速度は

最大128Kbpsになってしまいます。

実質使い物にならなくなりますので、気を付けてください。

WIMAX2+エリアでも3日で10GB制限がある。

子ネコ
子ネコ
じゃぁWIMAX2+エリアのみ使っていれば、使い放題なんだね!
チチ猫
チチ猫
ところがWIMAX2+エリアにも制限はあるんだよ。

それがタイトルにもなっている

3日で10GBの通信制限です。

制限は翌日からの適用になる。

直近3日間の通信が上限に達した場合、翌日の混雑時間帯と呼ばれる時間帯(18:00~2:00)の間速度が最大1Mbpsに制限されるということです。

制限自体は最大1Mbpsですし、3日で10GBとそこまでキツイ制限ではありませんが完全無制限ではなくこういった制限が存在していることを把握しておくことが大事です。

3日で10GBの通信ってどのくらいの通信量?

子ネコ
子ネコ
制限があるんじゃ、ギガ放題じゃないじゃん!使うの不安だなぁ…
チチ猫
チチ猫
まぁ、そうだよね…。でも3日で10GBって結構つかえるんんだよ。
チチ猫
チチ猫
試しに一般的につかう方法での、使うデータ量を表にしてみたよ。
通信内容データ量10GBで使える回数
Webページ閲覧(一般的なサイト)約300KB約3万回
テキストメール約15KB約65万通
YouTube

(5分)

超高画質約110MB約90回(約7時間)
高画質約50MB約200回(約16時間)
標準約18MB約570回(約47時間)
低画質約10MB約1,000回(約83時間)

こうしてみると結構使える感じがしますね。

一般的な使い方をしていれば、なかなかこの制限に係るまでの通信になりにくいのかな…という感じはします。

こればっかりは個人の使い方によるものですので、一概には言い切れませんね。

でも利用方法としては、

  • オンラインゲーム
  • 高画質の動画視聴
  • 動画付きのテレビ会議
  • 大きなファイルのダウンロード

などの使い方は避けた方がよいでしょう。

この辺りの利用方法だと、すぐに制限にかかる可能性が高いです。

2年縛りもあるので注意が必要。

もうひとつWIMAX2+で注意すべきは、2年縛り。

総務省の指導のもと、すっかり聞くことがなくなった

『2年縛り』

しかしUQWIMAXのギガ放題での契約では契約期間が2年になります。

これも注意すべき点ですが、更新月以外の解約も違約金は1,000円になっています。

これは嬉しい改善ですね。

今までのギガ放題以外,

『UQ Flatツープラス』などでは解約違約金が、9,500円~19,000円ほどかかったことと比べると、『ギガ放題』の2年縛りというものはそれほど気にしなくても良くなったといえるでしょう。

他社のモバイルルーターの速度制限はどうなっている?

UQ WIMAXの3日で10GBの速度制限を調べているあなたなら、

『他社のモバイルルーターでの速度制限はどうなっているんだろう?』

と疑問に感じるでしょう。

一番条件の多いものを選びたいですから。

モバイルルーターといえば…。

の代名詞ともなっているポケットWi-Fiについてもみておきましょう。

ワイモバイルのポケットWi-Fiの制限は?

ワイモバイルのモバイルルーターは、冒頭にも述べた通り

『Pocket WiFi』(ポケットWi-Fi)です。

現状のポケットWi-Fiのプランは

『Pocket WiFiプラン2(ベーシック)』です。

Pocket WiFiプラン2(ベーシック)LTE通信容量7GB月額3,696円
アドバンスオプションAXGP通信無制限月額684円

ポケットWi-Fiにおいても、7GBの通信制限があります。

7GBを超えると速度は最大128Kbpsに制限されます。

UQモバイルのWIMAX2+のように、無制限でつかえる通信は

『AXGP通信』と呼ばれています。

こちらはオプション料金を支払えば無制限で利用できますが、WIMAXと同じように

『3日で10GB制限』があります。

ここの条件はWIMAXもポケットWi-Fiも同じ!といえます。

もっとお得に使えるモバイルルーター、おススメ回線紹介

現状ではWIMAXもポケットWi-Fiも

『無制限』をうたっても、3日で10GBの制限がついて回ります。

さらに世にあるモバイルルーターと呼ばれるものは、いずれも無制限では使えません。

ほとんどが90GBや、100GBなどの超大型容量のプランで運用しています。

条件的により良いものを選ぶ必要があります。

現時点でおススメの回線がありますので、最後の項目で紹介します。

楽天モバイルをモバイルルーターとして使う。一年無料でお得にお試し。

私がモバイルルータで使うなら、一番おススメしているのは

『楽天モバイル』です。

楽天モバイルをすすめる理由①:料金が従量制プラン。

楽天モバイルが2021年はじめに新料金プラン

『楽天アンリミットVI』を発表しました。

通信容量料金
0~1GB0円
1~3GB980円
3~20GB1,980円
20GB超過~無制限2,980円

モバイルルーターは持ち運ぶ前提です。

仕事で使うかどうかも使い方に大きな差が出ます。

通信の度合いも、月や日によって結構違うかもしれません。

あまり使わない月もあると考えれば、使わない時は安く済むこの従量制は最適です!

楽天モバイルをすすめる理由②:楽天エリアならデータ無制限

通信容量の条件で言えば、UQWIMAX・ポケットWi-Fiでも無制限であるように楽天モバイルもデータ無制限です。

ただ、これは楽天エリアと呼ばれる楽天が他社の通信設備を借りないで、自社で整備したエリアでのみ適用されることです。

現在この楽天エリアは急速に拡大しています。

一年たった現時点でこの拡大状況なので、私はおススメできると判断しています。

(発足当初はとても、すすめられるものではありせんでしたが…。)

楽天モバイルをすすめる理由③:短期通信制限が1日10GB。

楽天モバイルは『楽天エリア』であれば、完全無制限のような感じで書いてしまいましたが、楽天エリア内でも制限があります。

しかしこちらの”短期通信制限”は、1日10GBとかなり緩い条件になっているのもおススメの理由です。

WIMAXだったら3日かけて10GBだったものが、一日あたり10GBなのですから相当有利ですね。

1日で10GBというのは、先ほどの表を考えてもなかなか使えますよね。

楽天モバイルをすすめる理由③:一年無料期間がある。

最後のおススメの理由は

『一年無料期間がある』ということです。

これは、発足当初から実施しているキャンペーンのひとつです。

通信容量という面では

  • 楽天エリア…無制限。
  • その他のエリア(パートナーエリア)…5GB/月。

でこれはこれで有利なのですが…

  • 『自分の住んでいる場所が楽天エリアかどうか不安…』
  • 『繋がっても通信速度がどうなのか気になる…』

などの部分は気になります。

この辺りのマイナス面については、この一年無料が使えるのがとても大きいです。

一年間お試しで使うことが無料で出来ますので、絶対に使って試すべきでしょう!

300万人限定としていたこのキャンペーンも間もなく上限に達するということで、4月7日23:59までと発表されました!

検討中の方はお早めに!

絶対見逃さないでください!

申し込みはこちら!

まとめ

というわけで、WIMAXの3日で10GBの通信制限についての記事でした。

モバイルルーターは、必ず何かしらの通信制限があるということですね…。

通信の公平を保つためには当然のことかもしれませんが、分かりづらくて見逃しがちなので十分注意しましょう!

記事の内容まとめ
  • WIMAXの通信は、『LTE』と『WIMAX』の2種類ある。
  • WIMAXでは”3日で10GB”の通信制限がある。LTEでは7GB/月。
  • ワイモバイルのポケットWi-Fiにも、3日で10GB制限はある。
  • 楽天モバイルは一年無料キャンペーンがあるので、モバイルルータ―で使うのにおススメ!