楽天モバイルのレビュー・体験・レポート

楽天モバイルアンリミットの口コミまとめ。実際使えるのか?気になるポイントを徹底検証!

4月のサービス開始からおよそ3か月弱。

CMも地上波でもよく目にするようになり、気になっている人も多いのでは?

だんだんと利用者の口コミも集まってきましたので、気になるポイントを抑えて検証してみましょう!

はっきりいって『今』!楽天モバイルを利用しない手はないですよ!

では、どんなおススメポイントがあるのか?

どんな注意点があるのか?一緒に見ていきましょう!

通信エリア、繋がりやすさの口コミ

一番気になるポイントとして、通信エリアのことがあります。

数々のキャンペーンを実施していて魅力的に感じても、肝心の通信エリアが対応していなくて回線が使い物にならなければ意味がありません。

まずは、現状の通信エリアについて口コミをみてみましょう。

ポイントは『楽天エリア』。

現状、楽天が自前で整備した楽天エリアとよばれる自社エリアは都市部のみで相当狭いエリアに限定されています。

東京23区のみというツイートもありますが、安定して繋がるのは東京23区や各地方の都市中心部のみといって過言ではないかもしれません。

 

楽天エリアであればデータ容量は無制限なわけですが、それでも電波が弱いのは事実。

通信バンドの対応がバンド3のみなので、繋がれば非常に高速ですが建物などの障害部に弱くすぐ圏外もしくはパートナーエリアに切り替わってしまいます。

 

パートナーエリアでは月5GBの通信制限があります。

容量使い切っても最大1Mbpsでの通信ができます。

 

楽天エリアの拡大・通信バンドの拡充が今後の課題です。

利用可能なスマホは?

楽天アンリミットのもう一つの課題は、対応機種の少なさ。

さらに、国内で利用者No,1のiPhoneに非対応とこちらも今後の対応に注目です。

iPhoneは動作対象外となっているようですが、iPhone X以降iPhone11及びiPhone SE2など最近の比較的新しい機種についてはアクティベートできた報告がされています。

なお、裏技的にこちらの方法で使えるようにもなるようですが、自己責任でということです。

iPhone6s、iPhone7、iPhone8でも楽天モバイルのUNLIMITが使えるようになる裏技は本当?←本当に使えた!(要PC、iPhoneXとiPhoneSE第1世代も使える)

 

なお、

一番注意すべきはパートナー回線であるauの電波を掴めるかどうか。

私の自宅はまだパートナーエリアで、手持ちのHUAWEI honor9で利用してみたところ、auのバンド18に対応していなかったため使えませんでした。

楽天エリアであれば、基本的に使えるのかもしれませんが前述したようにまだ楽天エリアの接続状態も不安定ですぐサポートエリアに切り替わる状態。

安定して利用するためにはバンド18への対応も必須です。

持ち込みで利用を考えている方は、ご注意ください。

キャンペーンについての口コミ

新規参入キャリアらしく楽天アンリミットでは様々なキャンペーンを実施しています。

どんなキャンペーンがあるのか見てみましょう。

一年無料キャンペーン

前述したように、楽天アンリミットは利用できる通信バンドがまだ少なすぎます。

つまり、対応機種を購入しなければならない人も増えるという事で、この端末購入代金という見方もあると思います。

なにしろ、一年間無料というキャンペーン自体は事実。

300万名に契約者が達するまで実施とのことで、一部情報では出だしの契約者数は20万~30万程度とも。

まだまだ、枠はあると思われますのでお試しで契約するのはありだと思います。

対象製品+プランセット購入サポートキャンペーンなどの端末に対するキャンペーン

 

※楽天mini1円キャンペーンは終了しました。

終了してしまいましたが、楽天mini1円キャンペーンは思ったほど契約者数がのびずに急遽開催されたキャンペーン。

それまで定価で買った人に不公平だ!

という批判も多くありましたが、この辺は激熱キャンペーンにタイミングよくあたったもん勝ちということで、おいしいところを頂いていきましょう。

対処製品+プランセット購入サポートキャンペーンは対象製品にたいして5,000円~最大15,000円のポイントが還元されるもの。

これからも端末の値引きに対するキャンペーンは随時発表されていくと思いますので、こまめにチェックして参加しましょう!

 

サポート体制への口コミ

検索していて一番炎上しているのが、サポート体制についての口コミ。

発足当初、コロナ禍の影響なども相まってまだしっかりしたサポート体制を確立できていないようです。

う~ん。これについては検索すればするほど怒りのツイートがあふれてくる。。。

100歩譲ってコロナ禍の影響を考慮しても、この対応はひどいです。

わたしも問い合わせをしたのですが、全く解決しないので自己解決しました。

楽天モバイルのチャット問い合わせを利用した驚きの対応レポート。サポート体制には不安あり!

ここの部分で大分怒りをかっていますので、それが原因で1年キャンペーン終了時に相当な解約者が出る可能性もあります。

まとめ

楽天モバイルの新プラン『楽天アンリミット』の口コミを検索してみました。

色んな面で見切り発車した感は否めない楽天モバイル。

今後の対応に期待と同時に不安も感じる結果になっています。

 

なので、今の段階でメイン回線として運用することはリスクが高すぎておススメできません。

サブ回線としてもっているだけで、もし楽天エリアなら文字どおりデータ無制限で使えるSIMを追加でてにすることができるわけですし、無制限ではなくても月々5GBの追加通信容量をただでうけられるのです。

楽天アンリミットのコンセプトとしては、業界の再編を促すような非常に意義のある挑戦のように見えます。

これを試さない手はありません。

新規の電話番号で”お試し”と割り切って契約してみましょう。

 

SIMを選択して、得する部分を逃さない。

もうそういった時代が始まっています!

 

今回の楽天モバイルは、リスクゼロで新しいSIMを試せる稀なケースです。

タイミングを見極めて是非ためしてみてください!