MNPの手順・方法

格安SIMには光回線セットの割引がある。各キャリアの割引状況を解説。

格安SIMにも光回線セット割がある

大手キャリアではお馴染みの『光セット割』。

スマホの契約では通常、通信容量に上限がありますので一般的に自宅でインターネットを利用するときは通信容量を節約するために固定回線を利用してWi-Fi通信をする人が多いと思います。

そこで各社タイアップしている特定の固定回線を契約者が利用した場合は、スマホの月額料金から割引をする『光セット割』があります。

docomo・・・docomo光セット割

au ・・・auスマートバリュー

softbank・・・おうち割光セット

大手キャリアではこの3つが光セット割として利用できます。

契約者数の分だけ500円~1,000円割引になりますので、結構お得です。

大手キャリアでこの割引を利用している人も多いと思います。

 

大手キャリアで光セット割を利用していた人は、格安SIMに乗り換えた際も引き続き固定回線の利用するケースが多いとおもいますので、なにか光セット割があるのか気になるところ。

結論からいうと

格安SIMにも光セット割はあります。

しかし、取り扱いしているセット割の内容・割引額はキャリアによって結構違いますので、よく確認してもらいそびれないよう注意しましょう。

今回は格安SIMの光セット割にはどんなものがあるのか、割引額は?

申し込み方法は?などセット割についてまとめてみます。

格安SIMのセット割は主に光コラボとのセット割

格安SIMの『光セット割』は主に対象の光コラボを利用している人に対する割引です。

光コラボとは

光コラボとはNTT東日本・西日本が提供している

『光回線の卸売り販売』のことです。

子ネコ
子ネコ
おろしうり・・ってどういう事?
チチ猫
チチ猫
NTTが持っている通信設備を他の通信事業者に売って、通信事業者はその通信設備を利用してインターネットサービスを提供しているんだよ。
子ネコ
子ネコ
NTTの光回線となにが違うの?

基本的に通信設備は同じものを使いますので、通信の品質や速度等は同じです。

ただ、サービスを提供しているのは回線を購入した通信事業者なので、それぞれが独自の特色を活かしたサービスを提供しています。

ビジネスモデルとしては、スマホの通信サービスの『格安SIM』の仕組みとよく似ています。

プロバイダ業者の参入が一番多い。

格安SIMもそうですが、光コラボレーションにも様々な業種の企業が参入してきています。サービス発足からすでに200社以上の参入があるようです。

しかし、やはり一番多いのはインターネット関連の事業者でなかでもプロバイダ業者の参入が目立ちます。

BIGLOBEOCNなど、誰もが一度は耳にしたことのあるような業者も参入しています。

これらの業者は同時に格安SIMサービスにも参入している場合が少なくありません。

そこで、モバイル回線・固定回線を同じサービスにしてくれた場合、見返りとして月額料金を割引する『光セット割』があるのです。

もちろん、光セット割のすべてが光コラボモデルによるものではありません。

吸収合併した子会社独自のインターネットサービスと連携して、そちらを使っている人に対する『光セット割』もあったりしますし、形態は様々です。

各社の光セット割取り扱い状況

仕組みについて大まかにわかったところで、格安SIMにおける『光セット割』の取り扱い状況をみてみましょう。

主な格安SIM業者の『光セット割』を一覧にしてみました。

キャリア光セット割名称対象サービス割引額
Y!モバイルおうち割光セット(A)Softbank Air,Softbank光プランS…500円割引

プランM/R…700円割引

プランL…1,000円割引

OCNモバイルONEOCN光モバイル割OCN 光,OCN for ドコモ光,OCN 光 with フレッツ,OCN 光 おまかせプラン with フレッツ,OCN 光 「フレッツ」(OCN 光 「フレッツ」 WiFiアクセスを除きます),OCN 光 おまかせプラン 「フレッツ」,OCN 光 あんしんプラン 「フレッツ」OCNモバイルONEの料金から1回線200円、5回線まで
BIGLOBEモバイル光☆SIMセット割ビッグローブ光BIGLOBEモバイル料金から300円
DMMモバイルDMM光モバイルセット割DMM光DMM光料金から500円
DTI SIMDTI光×SIMセット割DTI光DTI光料金から毎月150円
LIBMOSIM×セット割TCNヒカリ,コミュファ光,TCNケーブルひかり,ひかりdeネットLIBMO料金から

3GB…100円

6GB…200円

10GB以上‥300円

※最初の1回線のみ割引。

IIJmiomio割IIJmioひかり,ビッグ光光回線から600円

割引額の多いキャリア

格安SIMの光セット割における割引額はキャリアによってまちまちです。

その中でも比較的割引額の大きなものを紹介します。

Y!モバイル

Y!モバイルの光セット割は料金プランに応じて割引額が決まります。

料金プラン割引額
  • スマホプランS
  • データプランL
  • Pocket Wi-Fiプラン2
  • スマホベーシックプラン
一人当たり500円
スマホプランM/R一人当たり700円
スマホプランL一人当たり1,000円

うれしいのは”一人当たり”の割引額というところ。

契約者数に応じて割引き額も多くなりますのでお得ですね。

例えばスマホプランMで4人家族が契約していれば、割引額は4×700円=2,800円になります。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの光セット割料金も契約者数に応じて増えます。

一契約あたり200円の割引。

ただし、5契約1,000円までなので注意してください。

契約者数に応じて割引額が増える格安SIMはこの二つです。

家族でまとめて乗り換えた際などは割引額が大きくなりますので、押さえておきたいポイントのひとつです。

それ以外の光セット割は一回線分しか割引にならなかったり、固定回線の方で割引がされてしまうので金額が増えることはありません。

割引対象に合わせて固定回線も乗り換えるべき?

格安SIMにも『光セット割』が存在することがわかりました。

しかし、大手キャリアのように割引額がそこまで大きいわけでもありません。

取り扱いをしている格安SIMキャリアも限られている状況です。

割引を貰う為に固定回線を乗り換えた方が良いのでしょうか?

 

答えはNOです。

格安SIMは2019年秋の新プラン発表から、複数年契約における途中解約の違約金が上限1,000円に改善されました。

しかし、固定回線のほうには複数年契約に対する解約違約金が残っている場合があります。

高額な違約金を取られた場合には、光セット割の割引額では清算することが難しいのが現状です。

格安SIMの光回線セットはそれまで対象の固定回線を利用していた人など、違約金など発生しない条件で利用できるひとがもらえるもの・・くらいの認識のほうが良いかもしれません。

光セット割の為にわざわざ固定回線を乗り換える!

というのはあまり現実的ではないかもしれません。

まとめ

大手キャリアと違い、格安SIMの光セット割はそれほどおおきなものではありません。

狙うとすれば、Y!モバイルの『おうち割光セット』でしょうか。

Y!モバイルはソフトバンクのサブブランドとして大手キャリアに近いキャリアです。

そのため光セット割も大手キャリアのように金額が比較的大きいので、Y!モバイルに乗りかえる人、乗り換えた人はチェックしておきたいですね!