MNPの基本

ワイモバイルの通信エリアの調べ方。しっかり調べて後悔しないためのチェック方法!

春、3月4月は新生活に伴いスマホ乗り換え・新規契約を検討するかたも多い時期かと思います。

 

大手キャリア以外で有力な選択肢となるであろう

『ワイモバイル』。

大手3大キャリア以外の乗り換え先のシェアはNo,1。

大注目のキャリアなのです。

乗り換え前に気になるのは、通信エリア。

乗り換えたはいいけど、繋がらない・・じゃあ、意味がありませんよね。

後悔しない乗り換えの為に自分の住んでいるところ・利用したいエリアが通信可能かどうか調べるのは大事なことです。

 

今回はワイモバイルの通信エリアについてポイントを紹介していきます。

ワイモバイルを検討されている方の参考になれば幸いです。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドです。

auのサブキャリアはUQモバイル。

似ているようですが、ちょっと違います。

 

UQモバイルはMVNO(仮想移動体通信事業者)とよばれるキャリアで、いわゆる格安SIMに分類されるものです。

対してワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、回線はソフトバンクで利用できるものと全く同じです。

仮想移動体通信事業者とは

Mobile Virtual Network Operatorの略。

通信ケーブルなどの設備を持たずに、通信サービスを提供する事業者。設備を持っていない分低料金でサービスを提供できるメリットがある。

子ネコ
子ネコ
実際は設備をもっていないから”仮想”なんだね。
チチ猫
チチ猫
そうなんだ。低料金のメリットはあるけど、その分借りている回線なので混雑時間帯は通信速度が遅くなってしまうデメリットもあるよ。

でも、UQモバイルはMVNOでありながらauからの優遇をうけているので、通信速度は大手キャリア並みの高速通信です。

ワイモバイルも通信速度はソフトバンクと一緒。

両方、低料金・高速通信を実現したおススメのキャリアなのです。

ワイモバイルの通信エリアはソフトバンクと一緒。

ワイモバイルは他のMVNOにはない強みを持っています。

前述した通信速度もそうですが、通信エリアに関してもソフトバンクと一緒です。

今までソフトバンクを使っている人で通信に不便を感じたことがない人であれば、問題なく普段使いすることができるということになります。

ワイモバイルの人口カバー率は99%

大手3キャリアの『人口カバー率』は軒並み99%を謳っています。

人の住んでいる場所に対してどのくらい設備が充足しているかということなので、日本全国ほぼ繋がらない場所はないととらえる事ができます。

ソフトバンクのサブブランド=エリアも一緒=人口カバー率99%!

安心して通信できるブランドなんですね。

ワイモバイルの通信エリアを調べてみよう!

では、実際にワイモバイルの通信エリアを検索してみましょう。

ワイモバイルエリア検索

公式のエリア検索から検索することができます。

基本的に購入希望の機種を選択して対応エリアが表示される形です。

試しにiPhone7で東京のエリアを検索した結果がコチラ。

関東圏はほぼカバーされている様子が見て取れます。

左側緑に見える部分は山間部です。

住所を入力してピンポイント検索もできるので、気になる方は詳細に検索してみましょう。

 

端末持ち込みの時は特に注意!

人口カバー率99%というように大体の市街地やよっぽどの山間部でない限りエリアとしては問題ないことがわかります。

対応エリアとは別に注意していただきたい点が一つ。

端末を持ち込みで乗り換えを検討している場合です。

持ち込みの際は端末が通信バンドに対応しているかもチェック

それぞれ端末にはどの通信バンドに対応しているか機種によって違います。

比較的新しい機種・最近のシムフリースマホであればほとんど問題ないと思われますが、念のためお使いの機種のスペック表から対応バンドを確認しておくことをおススメします。

ワイモバイル側で電波を提供していても、そもそも使っている機種がその電波をつかめない仕様になっていたら意味がないので・・。

ワイモバイルの対応バンド

 

Band1(2.1GHz帯)大手キャリアすべてが対応する周波数帯。全国を広くカバー。
Band3(1.7GHz帯)東名阪を主にカバ―している。
Band8(900MHz帯)プラチナバンド。建物や地下で繋がりやすい特性。
Band11(1.5GHz帯)下り最大42Mbps。
Band28(700MHz)プラチナバンド。建物や地下で繋がりやすい特性。
Band41(2.5GHz帯)AXGPと呼ばれる。高速な通信が可能。半面建物や地下での通信が難あり。

最近発売されているSIMフリースマホなどはほとんど対応しているものと思われますが、Band41については高速通信を可能にするBandなので対応していることが望ましいです。

特に注意すべきは

キャリア版のスマホを持ち込んで乗り換えしようと考えている場合

それぞれのキャリアの通信バンドに対応した端末の仕様になっている可能性がありますので、その場合はしっかり対応バンドを確認しましょう。

ワイモバイルのバンドに対応してないようであれば、乗り換えに際して機種変更もしてしまった方が安心です。

ちょっと地下の通信には不安あり?

ワイモバイル(ソフトバンク)の通信は地下や建物に弱い!

という評価も見受けられる場合がありますが、そういった場所に強い電波いわゆるプラチナバンドの対応において、ドコモ・auに後れを取ったのが原因と思われます。

Band8はソフトバンクのプラチナバンド。

今ではソフトバンクもこの周波数帯に対応しているので、そこまで地下・建物の通信が劣るというものではないと思われます。

地下で繋がらない場所はソフトバンクのWi-Fiスポットでカバー

しかし、通信は環境・時間帯などにも大きく左右されるので、地下・建物での通信が不安定というのはどのキャリアでも起こりうる現象です。

そこで、そういった場所での通信にはソフトバンクのWi-Fiスポットを普段から確保しておくと便利かもしれません。

街中でこういったステッカ―を貼っているお店をよく見るかもしれません。

プラチナバンド対応の遅れをカバーする意味もあって、ソフトバンクはWi-Fiスポットを多く設置しています。

ワイモバイルユーザーは申し込み不要・料金無料で利用できるので、繋がりにくい地下エリアなどでこういったスポットがあれば把握しておくのも手です。

ワイモバイルは通信速度も大きなメリット!

最初に説明したように、ワイモバイルはソフトバンクと同じエリアで通信可能。

そして通信速度もソフトバンクと同じように高速で行うことが出来るのです。

これもMVNOにはない大きなメリットです。

引用:格安SIMの通信速度計測

上のグラフは大手MVNOの楽天モバイルの一日の通信速度の推移です。

特に昼休み時間帯・夕方などの混雑時間帯は1Mbpsも切るような時間帯があります。

これはMVNOの大きなデメリットです。

対して、ワイモバイルの通信速度の推移をみてみると一日を通して安定した速度であることがわかります。

混雑時間帯でも5Mbpsを下回ることはありません。

この速度が出ていれば、ほぼすべての通信に対応できるでしょう。

この高速通信は他の格安SIMキャリアにはない大きな魅力の一つです。

乗り換えはお得なキャッシュバックを貰おう!

乗り換えを決めたならキャッシュバックを利用しましょう!

ワイモバイルはMVNOを含む乗り換え先の中でも、乗り換えに伴うキャッシュバック案件も豊富でおススメなのです。

乗り換えるなら貰えるものは必ずもらいましょう!

Y!モバイルのキャッシュバック案件は現在3つあります。

  1. 本家『Y!モバイル』のオンライン申し込み。
  2. ソフトバンク運営の『Yahoo!モバイル』のオンライン申し込み。
  3. 代理店『ヤングモバイル』のオンライン申し込み。

当然、ちまたの電気店なんかでもキャッシュバックキャンペーンをやっていたりするわけですが、そこまで大々的な金額は期待できない状態です。

探し歩く手間を考えると、現状Web上で最高額の『ヤングモバイル』から契約するのがおススメです!

キャッシュバック案件に違いはあるのか?

3つあると紹介したキャッシュバック案件ですが、果たして違いはあるのか?

この3つに対してはキャッシュバック金額やタイミング、PayPay還元のものなどそれぞれに違いがあります。

それぞれの違いを表にしてみました。

Y!モバイル公式Yahoo!モバイル(5のつく日)ヤングモバイル
新規申し込みSIMのみ事務手数料 3,300円無料3,000円相当paypayポイント
スマホセット事務手数料3,300円無料+端末14,400円引5,555円相当paypayポイント+端末14,400円引20,000円キャッシュバック
MNPSIMのみ事務手数料3,300円無料6,000円相当paypayポイント
スマホセット事務手数料3,300円無料+端末14,400円引5,555円相当paypayポイント+端末14,400円引20,000円キャッシュバック
MNP(ソフトバンクからの場合)SIMのみ事務手数料3,300円無料
スマホセット事務手数料3,300円無料5,555円相当paypayポイント10,000円キャッシュバック
キャッシュバックの受取り時期端末は購入時、値引きされた金額表示申し込み日の翌翌月の月末1~15日契約完了:当月末に振込み。 16~31日契約完了:翌月15日に振込み。

それぞれについて次の項目からみていきましょう。

あんしんの公式キャッシュバック

まずはY!モバイルの公式キャッシュバック案件を見ていきましょう。

公式はいまのところ現金でのキャッシュバックは行っていません。

 

キャンペーンを実施していて頻繁に内容を変更していますので、細かくチェックが必要です。

3月31にちまでは『春の大感謝セール』を開催中です。

新規・乗り換えに伴う機種変更をオンラインで契約すると・・

  • 事務手数料が無料!
  • 送料無料無料!
  • 機種代金大幅割引!

の特典が受けられます。

対象機種にはiPhone7やP30liteなど人気機種もラインナップされていますので、機種変更を考えている人にも嬉しいキャンペーンです!

なんといっても信頼の公式キャンペーンですし、申し込みなも必要なくオンラインストアから購入するだけなので、もらい忘れた!なんてこともないので安心です。

Yahoo!モバイルは5のつく日・ぞろ目の日に注目!

親会社のソフトバンクがYahoo!とも連携していることを受け、『Yahoo!モバイル』という代理店も展開しています。

公式もこちらも表記が『Y!モバイル』になっている場合があるので、注意が必要です。

Yahoo!モバイルでは以前から

『5のつく日』、『ぞろ目の日』にキャッシュバック額を増額するユニークなキャンペーンを実施していて、3月末まではさらに増額していますのでぜひ対象の日を狙って契約したいものです。

2019年3月末まで開催中のキャンペーン内容を紹介していきます。

キャッシュバック金額はPayPayポイントで・・。

Yahoo!モバイルのキャッシュバックはPayPayポイントで行われます。

PayPayもソフトバンクと連携しています。

ポイントとしてY!モバイルとは相性が良いので、契約する場合は登録必須です!

⇩こちらの記事でも紹介しています。⇩

わたしがY!モバイルを進める3つの理由。他にはないおススメポイントを紹介します!

キャッシュバック金額の詳細

3月末までのキャンペーンではキャッシュバック金額が増額されています。

通常の契約特典に加え『どこでももらえる特典』、『春トク特典』が加算されています。

一覧表にします。

キャッシュバック種類スマホベーシックプランSスマホベーシックプランMスマホベーシックプランR
 

 

MNP


 

どこでももらえる特典3,000円相当3,000円相当3,000円相当
SIMカード契約特典6,600円相当6,600円相当6,600円相当
春トク特典4,400円相当4,400円相当
合計9,600円14,000円14,000円
どこでももらえる特典3,000円相当3,000円相当3,000円相当
SIMカード契約特典3,300円相当3,300円相当3,300円相当
春トク特典4,400円相当4,400円相当
合計6,300円10,700円10,700円


新規 (いつでも)


どこでももらえる特典3,000円相当3,000円相当3,000円相当
SIMカード契約特典3,300円相当3,300円相当3,300円相当
春トク特典4,400円相当4,400円相当
合計6,300円10,700円10,700円

プランによって還元額がかわりますので、注意しましょう。

現金キャッシュバックなら『ヤングモバイル』

ここまでのキャッシュバック案件では現金還元はありませんでしたが、代理店のヤングモバイルならWebからの申し込みでも現金でのキャッシュバックがもらえます。

金額は2万円!

※ソフトバンクからののりかえは1万円。

他の格安SIMキャリアを通しても、この金額はWeb上からのキャッシュバックとしては最高値です。

現金キャッシュバックを狙っている人にはこちらから一択です。

ヤングモバイルはキャッシュバックの払い込みが早い

ヤングモバイルはキャッシュバックの支払いが早いのもうれしいポイント。

契約から数か月かかるのがザラなキャッシュバックにおいて、ヤングモバイルは遅くとも翌月15日には振り込んでくれます。

乗り換えに伴って元キャリアの違約金が発生している場合には、そちらの支払いが解約の翌月には請求されてしまいますので、キャッシュバックをそこに充当したいひとにとってはこの早さはうれしいところ!

契約日キャッシュバック時期
1~15日に契約完了した場合。当月末日
16~31日に契約完了した場合。翌月15日

まとめ

ワイモバイルの通信エリアについてでした。

エリアを含め通信速度をみてもソフトバンクと同じ。

通信の品質は他にはない大きなメリットになります。

格安SIMに変えて料金は安くなっても、通信が遅くなるのはちょっと・・・。

というかたにはおススメNo,1のキャリアです!