格安SIM・格安スマホに乗り換え

格安SIMの支払い方法はクレカ払いのみ⁉口座振替が出来るキャリアもあるんです!

格安SIMの支払い方法について

子ネコ
子ネコ
格安SIMの支払い方法は、ほとんどのSIMがクレジットカード払いになるってきいたけど本当⁉
チチ猫
チチ猫
そうだね。最近は口座振替を選択できるところも増えたけど、まだ基本的にはクレジットカード払いが主流だよ。
子ネコ
子ネコ
え~僕、クレジットカードがないのに・・困ったなぁ・・。
チチ猫
チチ猫
口座振替が出来るキャリアと注意点を紹介しよう!

そもそもなぜクレジットカード払いが主流?

そもそも格安SIMキャリアの支払いがクレジットカードなのはなぜなんでしょう?

それは、クレジットカードに申し込んでいる時点で厳しい程度の審査が実行されているからです。

ネットでの申し込みが主流の格安SIMにおいて契約者を正確に審査できることは大切なポイントです。

しかし、使い過ぎが心配・・とか審査に通らないからなどの理由でクレジットカードを持たないひとも多数います。

そのような場合、乗り換えることができなくなってしまいます。

クレジットカード以外の支払いが出来るキャリアも増えた。

しかし、近年そのような状況は改善されクレジットカード以外の支払いができるキャリアも増えてきました。

この改善はユーザーにとって有益なことです。

しかし、注意しなければならないのは開通申し込み時点で口座振替は選択できなかったり、口座振替には手数料が加算されたりとクレジットカードを利用するための条件は意外と厳しいということです。

それぞれのキャリアによって対応が少しづつ違いますので、注意が必要です。

現時点で格安SIMの支払い方法の取り扱い状況をまとめてみます。

主な格安SIMキャリアの支払い方法

主な格安SIMキャリアの支払い方法について表にしてみました。

キャリアクレジットカードデビットカード口座振替その他支払い方法申し込み時の対応
UQモバイル発行カード会社の基準による。ネット・電話の申し込みはクレカのみ。
Y!モバイル(新規申し込みは店舗のみ)ネット・電話の申し込みはクレカのみ。
楽天モバイル全て選択可
LINEモバイル××LINE Pay(口座を紐づけることで実質、口座振替になる。)クレカもしくはLINE Payを選択
OCNモバイルONE口座振替申し込みは、カスタマーフロントへ電話のみ。
イオンモバイル×××支払い方法は、クレカ払い一択
マイネオ△(審査あり)△(eo光ネット利用の場合のみ可)口座振替はeo光ネット利用者のみ可、デビットカードは審査次第。
BIGLOBEモバイル×△(データ通信SIMのみ可)データSIMは口座振替かクレカ払い。音声SIMはクレカ払いのみ。

デビットカードとは

買い物をすると即時口座より引き落としになるクレジットカードのこと。利用上限は残高になる『即時決済型カード』。

クレジットカードのように後払いや分割払いが出来ないのが特徴。

機能的にはプリペイドカードのような感覚かもしれません。

最大の特徴は審査がないこと。

なので、事情でクレジットカードが作れないひとにはおススメです。

『クレカ払いが出来ないから格安SIMには乗り換えられない・・』

と感じている人にもメリットのある支払い方法かもしれません。

いまや、クレカ払いのみの方が少ない。

表を見てもらうとわかるとおり、今やクレジットカード払いのみ可という方が少ないのが現状です。

今回挙げた中でもクレカのみ対応なのは、『イオンモバイル』のみです。

口座振替には手数料がかかる。

もうひとつ注意点は口座振替の場合手数料がかかる可能性があるということです。

月額料金の削減を目指して乗り換えを検討している場合、たとえ数百円でも支払い方法の違いだけで余計にかかってしまうのはもったいないかもしれません。

そちらも必ず確認しましょう。

新規で申し込みする際は注意が必要。

結構見落としがちなのは、後から支払い方法を変更することが可能なキャリアでも、新規申し込み時には『クレカ払いのみ』対応しているところが多いことです。

その場合もやはり『クレカが作れない・・』という人にとって選択肢は少ないので注意してください。

最大のデメリットはキャッシュバックがもらえない事

クレジットカード以外の支払い方法を選択した場合の最大のデメリットは『キャッシュバック』がもらえないことです。

ほとんどの格安SIMで多かれ、少なかれキャッシュバックを実施しているところがまだ結構あります。

しかし、そのほとんどの条件がネットで契約した場合ということです。

ネットで契約はクレカ払いのみとしているキャリアがほとんどなので、キャッシュバックが受け取れなくなってしまいます。

現在主流はSIMのみ契約で3,000円~

スマホセットの場合最大20,000円ほどまでキャッシュックの取り扱いがあります。

この金額をもらえなくなってしまうのは大きなデメリットです。

まとめ:クレカじゃなくても支払い出来るところは増えた。でもデメリットに注意。

格安SIMの支払い方法についてまとめてみました。

以前と比べてクレジットカード払い以外の選択肢がある格安SIMが増えたのは事実です。

しかし、例えば楽天モバイルなどは楽天カードと提携して楽天ポイントを多く付与することで顧客の囲い込みを図っています。

クレジットカードを利用することでメリットの大きいキャリアの一つです。

キャッシュバックがもらえない可能性があることにも注意が必要でした。

選択肢は増えたけど、格安SIMの支払いの主流はクレジットカード払い。

といったところが今回のまとめでしょうか。

参考になれば幸いです。